自転車泥沼生活

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琵琶湖一周その3~後半100km編~

のんびりしてたら、琵琶湖一周してから1ヶ月経っちゃうので、最後の後半100km編です。

約100km地点(正確には102kmくらいだったかな?)の「ローソン 志賀荒川店」でお昼を食べて、再スタートしたのが12時40分頃。

再スタートして間もなく、大型トラックがギリギリで追い越して行ったので、ビックリしました。

確かに対向車来てたから、反対車線に大きく避けれなかったんだろうけど、対向車が通り過ぎるほんの少しの間くらい待てないのかなぁ?

私は、国道161号線を走っていたのですが、もう一つ琵琶湖寄りの県道307号線を走ったほうが良かったかな?

20140819-1.jpg

再スタートして約25分ほどで白鬚(しらひげ)神社に到着。

琵琶湖の中に鳥居が建っています。

道を挟んで撮ったので、これまたイマイチです。
道を渡って撮りたかったのですが、結構交通量が多くひっきりなしに車が通るので断念しました。
この画像も、車が写らない一瞬を狙って撮りました。

本殿は、私が立っている側にありますが、先を急ぐので参拝はせずに出発。

白鬚神社から1km程進んだところで国道161号線とは分かれ、すぐ横の県道300号線を走って勝野の集落を抜けて琵琶湖方向に進路を変え、国道161号線の高架の下を抜けて県道304号を走ります。
国道161号線とはうって変わって、車がほとんど走ってなくて非常に快適に走れます。

がしかし、そろそろ一番暑い時間帯に差し掛かり、周囲に何も無いのでもろに直射日光が当って暑~い。
道路脇の気温表示は35度とかになってるしorz
道沿いの木々の陰を通るほんの一瞬がとても涼しく感じます。

おまけにこの県道304号線沿いにはコンビニはおろか飲料の自動販売機もほとんど無く、まだ休憩するタイミングではないのですがちょっと不安になってきます。

さらに、左太股の付け根辺りが何か擦れてるようで痛くなってきたし。

20140819-2.jpg

暑いけど頑張って黙々と走り、「道の駅 しんあさひ風車村」で休憩。
ここまで随分走ったような気がしてたのですが、お昼を食べてから約1時間半、距離は25kmくらいしか走っていませんでした。

トイレで太股付け根の痛みの原因を確認したら、レッグカバーがずり上がって来て擦れていたためでした。
レーパンかと思って走りながらいろいろやっていたのですが、何やってもそりゃ直らんわ。

一番暑い時間帯(ちょうど14時頃でした)で、ここまで暑い中130km程走ってきてちょっと疲れていたのか、日陰に座り込んだらなかなか再スタート出来ませんでした。

こんなんで走りきれるのかなぁと、ちょっと不安げになったりもしましたが、気を取り直して再スタート。

今津の市街地を抜けたあたりで、道路標識に「箱舘山」の文字を見つけ、「あぁ、JシリーズのDHが開催されるのこの近くなのか」と初めて場所が分かったのでした。

20140819-3.jpg

で、「ファミリーマート 高木浜一丁目店」で休憩。

道の駅で休憩してからまだ20kmも走ってないのですが、この先奥琵琶湖パークウェイの上り区間までの間にコンビニが無いので、補給とボトルのドリンクを補充するために寄りました。

ファミリーマートを出て少しすると、西浜の交差点で再び国道161号線に合流しますが、1kmちょっと走って海津の交差点で国道161号と別れ琵琶湖沿いの県道に入ります。

県道に入ってすぐにトンネルが有るのですが、照明が無く昼間なのに真っ暗だったため、親子連れが歩いているのに気が付かず、小学生くらいの子供がいきなり奇声を発したのでちょっとビックリしましたw
まぁ、そのまま気が付かずにぶつかったりするより遥かにマシですが。

20140819-4.jpg

大浦の交差点に到着。
ここを右に行くと奥琵琶湖パークウェイ、左に行くと国道303号線に出て急な上り区間を迂回することが出来ます。

どっちに行くかちょっと考えましたが、この時点で16時過ぎで日没までにはまだ時間があるので、最悪奥琵琶湖パークウェイが上れなくて押して上ったとしても、日没までには下れると判断し右に行くことにしました。

で、奥琵琶湖パークウェイ方面に進んだのですが、少し走ると右のふくらはぎに少し違和感が。
この後上り区間があるのにちょっと不安になってきました。

奥琵琶湖パークウェイの上りが始まる直前で小休止して、ストレッチをしていよいよ上りです。

思ってたほど斜度もきつくなく、途中で平坦な区間もあるのでこれなら問題無く上れるなと思いながら順調に上っていたのですが、ピークまであと1/3くらいのところで

右のふくらはぎが攣りましたorz

痛くて漕げないので止まろうと思い、左足のクリートを外そうとしたら、

左のふくらはぎも攣りましたOTL

ヤバイ、このままだと立ちゴケすると思い、痛いけど我慢して左脚全体を捻る感じで強引にクリートを外して、何とか立ちゴケは免れたものの、両脚が攣っているのでそこから動けません。

しばらくそのままの体勢で動かずに居て、痛みがマシになってきたら少しずつ動かして右脚のクリートも外し、なんとか自転車から降りました。

その後も、すぐには脚を動かせなかったのですが、しばらくそのままでいたらふくらはぎの攣りも治まって、歩くことが出来るようになりました。

シューズにクリートカバーを装着し、脚の様子をみながらゆっくり押して歩きます。
頂上までそんなに距離は無いと思うので、焦らずにのんびり行くことにしました。

しばらく歩いていたら脚の調子も回復してきたようなので、傾斜の緩いところで試しに乗ってみたら、とりあえず乗れそう。
インナー×ローでゆっくりと脚に負担を掛けないように上ります。

20140819-5.jpg

上り始めから40分弱掛かって、何とかつづら尾崎展望台に到着!

途中で止まったり押して歩いてた割には早く着きました。
脚が攣った時には、ここからどうやって帰ろうかと、ちょっとした絶望感も有りましたが、ココまで来れば後は何とかなりそうなので、気分的には楽になりました。

20140819-6.jpg

眺めのいいところなのですが、疲れもあってあんまり楽しむ余裕は無かったです。

ココまで来れば何とかなりそうとは書きましたが、実はこの後少し下って上り返しが有るんです。
でも、上り返しを押して歩いても、日没までには山を下れそうなので、休憩もそこそこに走ります。

とりあえずは下りなので、転ばない程度にそこそこのペースで走ります。
で、上り返し区間に差し掛かって、インナー×ローでゆっくりと上ります。
もう少し重いギヤでも上れるのですが、脚への負担を考え軽いギヤで。

ですが、また脚が攣りそうな感じがしてきたので、今度は攣ってしまう前に降りて押しました。
完全に攣っちゃうと後が大変なので。

そんな感じで何とか上り返しもクリアして二つ目のピークに。
ココから先は下るのみ。
途中で軽い上り返しも有るのですが、そこは下りで勢い付けてクリアして、暗くなる前に奥琵琶湖パークウェイをクリアできました。

ほっとしたら少しお腹も空いたので下り切った少し先にあった「セブンイレブン 西浅井塩津店」で休憩。
おにぎりとか食べてお腹を満たしたら、長浜駅に向けてもう一頑張りです。

この先、国道8号線の賤ヶ岳トンネルを避けるため、旧道のトンネルを通るのですが、少し上らないといけないのでそこだけが少し不安ですが、とりあえず平地を走っている分には脚は問題ありません。

旧道のトンネルというと、古くて暗くてちょっと不気味なイメージがあるので、日が暮れる前に通りたいので、少し薄暗くなってきた中をペースを上げ気味で走ります。

で、旧道トンネル手前の上りに差し掛かったので、脚への負担を最小限にすべく軽いギヤで上ったら、脚が攣ることも無く上り切れました。

20140819-7.jpg

これが旧道のトンネルです。
照明もあって、思ってたよりも普通のトンネルでした。
ちょっと前に通ったトンネルの方が、照明も無くよっぽど不気味だったわ。

ライトを点けてトンネルに突入!
中は涼しくて快適~と思って走ってたのですが、途中照明が消えているところがあって何かゾクッとしたので、ハイペースで一気にトンネルから出ましたw

トンネルを過ぎたら少し下って、そこから先は平坦です。
かなり薄暗くなってきたので、ライトを点けたまま走ります。

で、少し走って気が付いたのですが、サイコンが動いていない。
もしかして、ライトのせい?と思って消灯したら、ちゃんとサイコンが動きます。

今回ライトは、CATEYEのVOLT300を二つ点けていたのですが、どうやらノイズが出てワイヤレスサイコンの電波に干渉してしまうようです。

サイコンが動かないとペースが分からないし、何より走りきった後で200km超えたか分からないので困ったのですが、かなり暗くなってきていたのでライトを点けずに走るわけにも行かないので、サイコンが動かないまま走る事にしました。

あとで分かったのですが、VOLT300の場合ハイモードで使えばサイコンと電波干渉しない場合もあるようです。
私はノーマルモードで使っていたので、その事を知っていれば解決出来たかも。
ノーマルモードでも十分な明るさだったのですが、どうせあと1時間くらいしか走らないんだからハイモードで走ればよかったと後悔しても後の祭り。

サイコン動いてないのではっきりした速度は分かりませんが、かなりいいペースで走れてました。
おそらく30km/h前後かと。
少し前に脚が攣ったとは思えないほどの快調ぶりに、自分でもちょっとビックリしました。

サイコンが動かないと速度が分からない以上に困ったのが、走行距離が分からないこと。
あとどれくらいで長浜駅に着くのか分からず、黙々と走るしかなかったのでこれが結構辛かったです。
ただ脚は快調だったので、その点では気分良く走れたのは幸いでした。

40分くらい走ったところで、ライトアップされた長浜城が見えた時にはちょっとウルッときましたw

20140819-8.jpg

すっかり日が暮れた長浜駅に帰ってきました。

時刻は19時50分。

スタートしたのが6時10分だったので、13時間40分掛かりました。

目標としていた13時間30分以内には惜しくも10分届きませんでしたが、正直そんなことはどうでもよくて、初の200kmを走り切れたことが嬉しかったです。

あ、最後の方はサイコン動いてなかったので、走行距離は微妙ですが、ルートラボだと今回のルートで201kmちょっとなので、200km走破したことにしておきますw
サイコンだって誤差は有るしね。

いろいろありましたが、こんな感じで猛暑の中、初の琵琶湖一周200kmを無事完走しました。

これで、今回の琵琶湖一周の本編はおしまいですが、あと一回、反省点とか今後の自分自身の確認の意味もこめて書いておこうかと思ってます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加中です。クリックをお願いします。


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

mizuki

Author:mizuki
いじるのも乗るのも大好きな私の、自転車趣味の泥沼にどっぷりはまった日々のブログです。

FC2カウンター
ショッピング




為替レート
天気予報
最近のトラックバック
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
ブロとも一覧
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。