自転車泥沼生活

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレーキレバーとキャリパーを交換

今回も、10Alouette Sネタです。

ブレーキの効きとフィーリング向上を狙って、レバーとキャリパーを交換しました。

20110522-1.jpg

ノーマルのブレーキレバーは、DIA-COMPEのアルミ製のものが付いています。
廉価車に使われている樹脂製のものよりは遥かにいいのですが、レバーのガタが大きいのと、レバーが細めなので操作感がイマイチです。

20110522-2.jpg

用意したレバーはブリヂストンから補修パーツとして販売されている物で、同社のアルベルト等に使われているのと同じ物です。
メーカー名は入っていませんが、Tektro製のようです。

20110522-3.jpg

ノーマルのキャリパーはYSB製で、シティサイクルによく使われている、スチールをプレスして作られた、シングルピボットキャリパーです。
これを、ロードバイクと同じデュアルピボットキャリパーに交換します。
ただし、ロードバイク用はアーチ長の関係で使えませんので、シティサイクル用を調達します。

20110522-4.jpg

キャリパーもレバーと同様ブリヂストンの補修用パーツで、アルベルト等に使われているもので、Tektro製です。
ちなみに、Tektroでの品番はYH-800Aです。

このキャリパーにはシューも付属していますが、ステンレスリム用でアルミリムのAlouette Sには使えませんので、別途シューを用意する必要があります。
当初は、BAA適合の赤いシューでも使おうかなと思っていたのですが、軽快車用のシューですとトー調整をするのにキャリパーのアームを曲げなければならないので、トー調整が可能なロードバイク用のシューを使う事に。

20110522-5.jpg

そこで、シマノULTEGRA BR-6600用のシューを用意しました。
少し前までは、BR-6700用のシューが激安価格だったのですが、価格が改定されてしまい他のシューと変わらなくなったので、近所のショップに在庫の有ったコイツにしました。

20110522-6.jpg

交換後のレバーです。
ガタも少なく、レバーが少し太くなったので、感触も良好です。
シフターの分内側に入りますので、2フィンガーで引くのにちょうどいい位置になりました。

20110522-7.jpg

こちらは、交換後のキャリパーです。
アジャストボルトが付いているので片効きの微調整が楽です。
ただ、ブレーキシュー取り付け穴がシューに対して少し小さいので、若干拡げる必要があります。
まぁ、僅かな寸法差なので、強引に締めこんでも取り付け可能ですが、変な位置に痕が付いてしまうと微調整がし辛くなってしまうかもしれませんので、注意が必要です。

交換後は、カッチリしたタッチになって、満足のいくフィーリングになりました。
スポーツサイクルだといまいち評価の低いTektroですが、シティサイクルでは十分な性能の高級パーツ(?)ですね。

にほんブログ村 自転車ブログへ
↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加中です。クリックをお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

mizuki

Author:mizuki
いじるのも乗るのも大好きな私の、自転車趣味の泥沼にどっぷりはまった日々のブログです。

FC2カウンター
ショッピング




為替レート
天気予報
最近のトラックバック
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
ブロとも一覧
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。