自転車泥沼生活

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレーム切削ツール

今回、フレーム各部の切削ツールを購入しました。

まだ箱に入ったままの状態ですが、詳しい使い方等は実際の作業時に説明しますので、今回は簡単に紹介します。

20090727-1.jpg

まずは、ディスクブレーキマウントのフェーシングツールです。
PARK TOOLのDT-1です。

私が所有するGIANTのフレームは、全てブレーキマウントはフェイスカットされているのですが、NRS-TEAMのマウント部が少し荒れているのでその修正と、フロントフォークのマウント部の塗装除去のために購入しました。

20090727-2.jpg

次は、クラウンレースカッターです。
フロントフォークのクラウンレース取付部の面出しをするツールです。
これは、Cyclus Tool製です。

20090727-3.jpg

続いて、ボトムブラケットシェルのフェイシングツールです。
これも、Cyclus Tool製です。PARK TOOLのは価格が高く、手が出ません。
ボトムブラケットシェルのフェース面の面出しツールです。

20090727-4.jpg

最後に、カッティングフルードとリヤディレーラーハンガーのタップで、どちらもPARK TOOL製です。

カッティングフルードは、今回紹介したツールでフレーム各部の切削を行う時に使う切削油です。
これを使う事で、仕上がりもきれいになりますし、ツールの寿命も伸びます。

リヤディレーラーハンガーのタップは、02ACのディレーラーハンガーのネジが少し荒れているので、それの修正用に購入しました。
M10×P1.0のタップならば、別に自転車用に販売されている物でなくてもいいのですが、機械工具店で市販されている物とPARK TOOL製の物で価格に大して差が無かったので、他のツールと一緒に購入しました。

今回紹介した物の他に、ヘッドチューブのフェイシングツールと、ボトムブラケットのタップを購入予定ですが、それらを発注したドイツのショップでなぜか代金のクレジットカード決済が上手く行かず、購入出来なかったので、クラウンレースカッターとBBフェイシングツールを購入したイギリスのショップに取り寄せの可否を打診している(そのショップの在庫商品には掲載されていないので)ところですので、もうしばらく入手に時間が掛かりそうです。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用


Comments

No title
あら。どこかで見たような工具ですw
Re: No title
>>だ さん

あ、PARKのディスクマウントツールの事ですね。
私が発注した直後に、だ さんが購入された事を知って、ぁぁぁぁぁ貸してもらえばよかったぁぁぁぁぁと思いましたよw

Leave a Comment


Body

プロフィール

mizuki

Author:mizuki
いじるのも乗るのも大好きな私の、自転車趣味の泥沼にどっぷりはまった日々のブログです。

FC2カウンター
ショッピング




為替レート
天気予報
最近のトラックバック
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
ブロとも一覧
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。