自転車泥沼生活

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヤショックユニットを置き換えるなら

先日、02NRSのリヤサスペンションはゼロサグ設定にした方が良いのかどうかを考えまして、その結果ゼロサグにした方が良いとの結論に至りました(設計がそうなってるんだから、当たり前なんですが)。

今日は、そのゼロサグのリヤサスペンションのショックユニットをアップグレードしようとした時に、どのようなユニットを選べば良いのか考えてみます。

とは言うものの、正直言ってどんな特性の物がゼロサグに適しているのか分かりません。
なんとなくは思い浮かぶのですが、ここに書くほどの確証も無いので止めときます。

理論的な事はさておき、NRS用に作られている、すなわち純正装着されているリヤショックユニットを見ていけば、どういうタイプの物を選べば良いか見えてくるかもしれません。

ただ、私レベルで検証できるのは、あくまでも外から見て分かる部分だけです。
ダンパーの減衰特性とかは分解しないと、いや分解しても私には分かりませんので、とりあえずはダンパーについては考えずに、主にエアスプリング部分の仕様について見ていく事にします。

20090630-1.jpg

まずは、私の02NRS(NRS-970)に付いているGIANTオリジナルのショックユニットです。

調整できる部分は、エア圧とリバウンドです。
エアは、ポジティブ側のみで、ネガティブ側にはエアは入りません。
海外のサイトで、このリヤショックユニットを分解した画像を見ましたが、ポジティブ側からネガティブ側にエアが行くようにはなっていないので、ポジティブエアのみで間違い無いと思います。

20090630-2.jpg

続いて、上位グレードに装着されていた、ROCK SHOX SID XCです。
こちらも、調整できるのはエア圧とリバウンドですが、エアはネガティブ・ポジティブがそれぞれ別々に調整できる、デュアルエアになっています。

そして、ネガティブ側のエア圧ですが、通常ならポジティブ側と同圧にするのが基本ですが、NRSの場合はライダーの体重およびポジティブ側の圧に関係無く、一律50psiにするようにマニュアルに記載されています。
つまり、通常よりもネガティブ側のエア圧を低目にするようになっています。

20090630-3.jpg

そして、最後が2005年モデルのNRS 1&2に装着されていた、FOX FLOAT Rです。
このユニットも、エア圧とリバウンドが調整できます。
このユニットについては、FOXの国内代理店のマム&ポップスさんのブログで触れられていた事があり、その記述を要約すると、エアはポジティブ側のみでネガティブ側にエア室を持たないエアスリーブが組まれており、ペダリングロスを低減するプロペダル機構も付いていないとの事です。
つまり、構造的には、02NRSのリヤショックユニットと同じという事になります。

ちなみに、FOXからはアフターマーケットパーツとして、NRS専用のFLOAT Rが発売されていましたが、これも純正装着品と同様の特性だと思われます。

これらの純正装着ユニットの特徴をまとめて、02NRSのリヤショックユニットを置き換えるとしたら、

・エアは、ポジティブ側のみか、デュアルエア式でネガティブ・ポジティブが個別に調整出来る物。
・ペダリングロス低減機構の付いていない物。

という事になります。

ROCK SHOXもFOXも現在発売されているアフターマーケットパーツのリヤショックユニットは、ポジティブ側からエアを入れると、ネガティブ側のエア圧が自動調整される物がほとんどのようです。他のメーカーからは、個別に調整できる物も発売されているかもしれませんが、調べてないので不明です。

ペダリングロス低減機構は付いていない物も有りますし、キャンセルする事もできると思うので、これについては問題無いと思います。

ただ、ダンパーの特性を考慮していないので、02NRSのリヤショックユニットをアップグレードするならば、ROCK SHOX SID XCかFOX FLORT RのNRSに付いていた物を入手して、それに交換するのが一番無難だと思います。

って、それじゃぁ、わざわざ検証した意味ねーじゃんw

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用


Comments

No title
確かに難しいですね。

NRSの設計思想として、先ずは「ゼロサグ」ありきといったところでしょうか。そのために専用のユニットが必要であると。

一般的にネガティブエア室があるリアユニットだと、ユニットの縮む方向に空気圧がかかっているのでストローク初期の動きがポジティブエアのみのモデルより良いといわれています。

そのようなユニットをゼロサグの設定にすると空気圧が高くなり過ぎてストローク後半を使えなくなるのではないでしょうか。その為ネガティブエア室を持たないか、持つモデルでもネガティブエア圧を低めに保つ必要があるということかもしれませんね。

自分でも何を言っているのか分からなくなってきました・・。
Re: No title
NRSはゼロサグを前提に設計されているので、かなり特殊なサスペンションですね。

ネガティブエア圧を高くすると、ゼロサグにするためにポジティブ側の圧も高くすることになり、ストローク後半が使えなくなるというのは、その通りだと思います。

ただ、低めのネガティブエア圧でも、ポジティブエアのみに比べると初期の動きはいいみたいなので、アップグレードするなら、デュアルエアのユニットを探した方がいいみたいです。

私も、昨日の記事は当初、違う内容で書いていたのですが、途中で訳分かんなくなっちゃって止めましたw

Leave a Comment


Body

プロフィール

mizuki

Author:mizuki
いじるのも乗るのも大好きな私の、自転車趣味の泥沼にどっぷりはまった日々のブログです。

FC2カウンター
ショッピング




為替レート
天気予報
最近のトラックバック
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
ブロとも一覧
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。