自転車泥沼生活

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーラント剤注入

02ACのチューブレスタイヤに、エア漏れ対策としてシーラント剤(Stan's No Tubes)を注入しました。

シーラント剤注入前に、エア圧を測ってみましたが、リヤは1.9barくらい低下していました。エアを入れたのが4日前ですので、やっぱりそれなりに抜けてますね。

作業に移りますが、シーラント剤を注入する前に、エアを抜いてバルブコアを外しておきます。

20090616-1.jpg

シーラント剤は、注入前にボトルをしっかり振って攪拌しておきます。

20090616-2.jpg

専用のインジェクターを使って、タイヤにシーラント剤を注入します。
シーラント剤はサラサラで、木工用ボンドを水で溶いたような感じです。
注入量は、26×1.95のXCタイヤで60ml、DH用の太いタイヤで120mlとの事ですので、タイヤサイズ(26×2.35)から考えて、中間の90ml程を注入する事にしました。

ですが、ちょっとミスって多く入れてしまいました。
インジェクターのピストンを外して、ボトルからシーラント剤を注いだのですが、それだと下から抜けて(タイヤ内に入って)いってしまうので、正確な量が測れず、多めに入ってしまいました。
多く入れても、重量増以外にはデメリットは無いと思いますので、構わないのですが。

20090616-3.jpg

シーラント剤を注入し終わったら、エアを入れます。
とりあえず3barちょっと位まで入れて、あとで調整する方がいいみたいです。

20090616-4.jpg

エアを入れたら、ホイールを揺り動かしたり、車体に取り付けて回したりして、シーラント剤がタイヤ内に満遍なく行き渡るようにします。実走してもいいと思います。

エアが抜けやすかったリヤは、ホイールを揺り動かしていたら、ビードとリムの隙間から、シーラント剤が少し出てきました。ビードとリムの馴染みが悪くて、僅かな隙間が出来ていたのでしょうか?シーラント剤注入で直ってくれるといいのですが。
2~3日したらエア圧を測って、抜け具合を確認してみます。

注入に使用したインジェクター等の器具は、水洗いで簡単にきれいになります。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用


Comments

No title
 シーラント剤の効果があるといいですね。私は今まで乗ってみて、それほどエアが抜けたとは感じられません。一度トレイルでエア圧を下げたことがあって、その後基準値に戻してからはずっとそのままでも大丈夫です。かなりの効果があるようでしたら、私もシーラント剤の注入を検討したいと思います。
Re: No title
私の場合も、フロントはほとんどエアは抜けないのですが、リヤの抜けが早いんですよね。
タイヤを組み直して、すこし改善されたのですが、パンク対策としての効果も狙って、シーラント剤を入れてみました。
効果の程は、またブログで報告しまうので、参考にしてください。

Leave a Comment


Body

プロフィール

mizuki

Author:mizuki
いじるのも乗るのも大好きな私の、自転車趣味の泥沼にどっぷりはまった日々のブログです。

FC2カウンター
ショッピング




為替レート
天気予報
最近のトラックバック
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
ブロとも一覧
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。