自転車泥沼生活

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラしてみたけど・・・・・

昨日、山で不調に陥った02ACのフロントサス(ROCK SHOX PIKE 454 U-TURN AIR)を、原因究明のためバラしてみました。

20090528-9.jpg

まずは、フレームからフロントフォークを外そうとして、ロアレッグ下のリバウンド調整ノブが無い事に気が付きました。
昨日のH山の頂上で休憩している時にはまだ有ったのですが、その後落としてしまったようです。

ロアレッグを取り外し、シャフトを押して確認してみますが、ダンパー側は非常にスムーズに軽く動いて問題無し。
一方エアスプリング側は、非常に動きが悪い。ただ、昨日の不具合のように途中でカツンと引っ掛かって止まるような事は無いです。

20090528-10.jpg

エアスプリング側を分解してみましたが、U-TURN機構部に少し水が入っていました。
画像中央の、アジャスターシャフトに付着している玉状のものが水です。
新品のフォークを組んで、雨の日に走った訳でもないのに何で水が入ってるの?
ただ、水は入っていましたがそれほど量は多くなく、内部の部品が錆びている訳でもないので、水の混入が不具合の原因では無さそうです。

あと気になったのは、エアチューブの中にほとんどオイルが入っていなかった事。
テクニカルマニュアルでは、15wtのサスペンションオイルを6ml入れる事になっていますが、エアチューブ部を分解しても、ほとんどオイルは出てきませんでした。

OリングやダストシールにJUDY BUTTERを塗って、動きを確認しながら組んだところ、スムーズにストロークするようになりました。エアチューブの中にもRED RAMを入れておきました。

結局、これといった原因は見つからずに、直ってしまいました。
潤滑不足で、エアチューブの中でピストンが引っ掛かっていたのかな?
原因不明なので、また再発する可能性があるので、不安材料を抱えたままになりますが、しばらく様子を見る事にします。

まぁ、分解して再組立した事で、以前よりスムーズに動くようになりましたし、U-TURN機構の仕組みも分かりましたので、それはそれで良かったかなと思います。
新品のフォークは一度バラして組み直した方が、動きが良くなるってのは本当だったんですね。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

mizuki

Author:mizuki
いじるのも乗るのも大好きな私の、自転車趣味の泥沼にどっぷりはまった日々のブログです。

FC2カウンター
ショッピング




為替レート
天気予報
最近のトラックバック
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
ブロとも一覧
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。