自転車泥沼生活

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビンディングペダル導入

WARP純正のフラットペダルでトレイルを走っていますと、振動でペダルを踏む位置がズレたり、シューズのソールが濡れてしまうと滑ったりして危なくもあり、引き足を使って効率の良いペダリングができるかもとの期待も込めて、ビンディングペダルを導入する事にしました。

20080611-1.jpg

普通の靴で乗る事も考えてケージ付ペダルか、片面ビンディング+片面はフラットなペダルにしようと考えまして、いろいろ検討した結果、価格が手頃で軽そうなシマノのPD-M424にしました。
ペダル脱着用に、ペダルレンチも同時に購入しました。

20080611-2.jpg

早速、交換します。
左側が逆ネジになっている点に注意すれば、決して難しい作業ではありませんが、固く締まっている事が多くて、緩んだ瞬間にレンチがズレてクランクを傷付ける可能性が有るので、クランクに養生テープを貼ってガードしておきました。

20080611-3.jpg

純正ペダルを取り外し、クランクのネジ穴を掃除して、新しいペダルのネジ山にグリスを塗って取り付ければ、作業完了です。
PD-M424はシャフトに六角穴が開いており、ヘキサゴンレンチを使って脱着できます。私もヘキサゴンレンチを使って締め付けました。せっかく購入したPARK TOOLのペダルレンチですが、純正ペダルの取り外しのみで当分出番は無さそうです。

20080611-4.jpg

純正ペダル(Wellgo製)との比較です。横幅がかなり狭くなりました。
ペダルを手で回した感じでは、純正ペダルがちょっとゴリゴリして重かったのですが、PD-M424はゴリゴリ感も無く軽く回ります。

重さは、純正ペダルが338g、PD-M424が468g(どちらも左右セットの実測値)で、少し重くなってしまいましたが、思ったより重くならなかったのでヨシとします。

まだ、シューズにクリートを取り付けていないので、普通の靴で家の近所を試乗してみましたが、装着が容易なようにポップアップ機構が付いているので、ケージよりクリート固定部が出っ張っているため、普通の靴で乗ると最初は少し違和感がありますが、すぐ慣れて問題無く乗れました。

あと、気のせいかもしれませんが、ペダリングが少し軽くなったような気がします。
ペダル単体の回転が軽くなったので、それがペダリングの軽さに表れているのかもしれません。

それと、リフレクターが無くなってしまったので、オプションのリフレクターを取り付けるか検討中です。

さて、今度はシューズにクリートを取り付けないと。

 にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。よかったらクリックしてやってください。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

mizuki

Author:mizuki
いじるのも乗るのも大好きな私の、自転車趣味の泥沼にどっぷりはまった日々のブログです。

FC2カウンター
ショッピング




為替レート
天気予報
最近のトラックバック
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
ブロとも一覧
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。