自転車泥沼生活

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボトムブラケットの取り外し時に

スクエアテーパーやオクタリンクのボトムブラケット(以下BB)をフレームから取り外す時に、シマノのTL-UN74-S等のBB脱着工具を使うかと思いますが、この工具のBBへの掛かりが浅くて、緩めようと力を入れると傾いてしまい、舐めそうになる事があります。

工具がズレないように押さえながら作業する事になりますが、押さえるのと緩める方向に回すのと、力&注意力が分散してしまい、作業がやり辛いと思うことが多々あります。

20090227-1.jpg

そこで、フィキシングボルトでBB脱着工具を固定してしまうと、非常に作業がやり易くなります。
工具に開いている穴が大きいので、そのままですとフィキシングボルトで押さえられないので、適当なワッシャ等を間に噛ませる必要があります。

BB脱着工具がズレなければいいので、フィキシングボルトはそんなにしっかり締める必要は無く、軽く手で締めるだけでO.K.です。

これだけの事で緩める事だけに集中できますし、舐めてしまう危険もなくなります。
もちろん、締める時にも同じように固定すると作業がし易いと思います。

ちなみに、BBBのハンドル付BB脱着工具BTL-20/BTL-20Lには、工具固定用のボルトが組み込まれています。

ちょっとしたアイデア(既に同じ事をやっている方もたくさんいるかと思いますが)の紹介でした。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用


Comments

No title
固着BBが外れず、「BTL-20L」の詳細を検索途中、偶然、この記事と出会へました!。

おかげさまで、手持ちの「TL-UN74」+ルーブ浸しで、無事、分解できました!。
有意義な情報、ありがたうございました!。
No title
お役に立てたようで、何よりです。
これからも、よろしくお願いします。

Leave a Comment


Body

プロフィール

mizuki

Author:mizuki
いじるのも乗るのも大好きな私の、自転車趣味の泥沼にどっぷりはまった日々のブログです。

FC2カウンター
ショッピング




為替レート
天気予報
最近のトラックバック
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
ブロとも一覧
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。