自転車泥沼生活

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロントフォーク組付け完了

昨日の作業の続きです。
今日は、ちょっと画像が多目です。

20090123-1.jpg

まずは、コラムをカットします。
ソーガイドにセットして、カット量に間違いが無いか何度も確認してから、金ノコでカットします。

20090123-2.jpg

カットし終わったら、切り口のバリをヤスリで落としておきます。
軽く角を面取りしておくと、ステムを入れ易くなると思います。

20090123-3.jpg

再度、フォークを仮組して、カット位置が適切か確認します。
画像のように、ステム上面から5mm程引っ込んでいればO.K.です。

20090123-4.jpg

コラムのカットがO.K.でしたら、スターナットを打ち込みます。
スターナット打ち込み工具にスターナットを取り付けます。向きを間違えないように注意。

20090123-5.jpg

コラムに、スターナットを打ち込みます。
今回使用した打ち込み工具は、PARK TOOLTNS-1ですが、もしスターナット打ち込み工具を買うのなら、同社のTNS-4の方がガイド付きで真っ直ぐに打ち込みやすくなっていますので、オススメです。
私も、TNS-4が欲しかったのですが、あいにく売り切れで入手に時間が掛かりそうだったので、TNS-1にしました。
TNS-1でも、画像のようにステムをガイドにして打ち込めば、真っ直ぐ打ち込むことが出来るので、特に問題は無いのですが。

20090123-6.jpg

スターナット打ち込み完了です。
コラム上面から、15mmの位置に打ち込みます。
打ち込み工具を使えば、簡単にこの位置に打ち込みできます。
あんまり使わない工具を買うのもなぁと言う場合は、スターナットの代わりにマルチプレッシャーアンカーを使うといいかと思います。

20090123-7.jpg

フォークを、フレームに本組します。
ヘッドパーツのクラウンレースとベアリングに薄くグリスを塗って組み付けます。

20090123-8.jpg

フォークをフレームに取り付け、ヘッドパーツ、ステムを組み付け、トップキャップを取り付けます。
ステムの向きを合わせて(ホイールを取り付けた方が分かりやすいかも)、アジャストボルトを締めます。
アジャストボルトは、目一杯締めるのではなく、ヘッドにガタが無く且つスムーズに左右に動く程度に締めます。
アジャストボルトを締めてから、ステムサイドのボルトを締めます。

20090123-9.jpg

これで、フロントフォークの取り付けは完了です。
あとはブレーキや、サイコンのセンサーを取り付ければ完成です。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

mizuki

Author:mizuki
いじるのも乗るのも大好きな私の、自転車趣味の泥沼にどっぷりはまった日々のブログです。

FC2カウンター
ショッピング




為替レート
天気予報
最近のトラックバック
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
ブロとも一覧
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。