自転車泥沼生活

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サグ調整

02WARPのサスペンションのサグ調整を行いました。

*サグとは、空車時と乗車時のサスペンションの沈み込み量の差です。

サグ調整の前にちょこっと準備を。

20081222-1.jpg

フロントは、インナーチューブにインシュロックを取り付けて、ダストシールに当たるところまで下げておきます。

20081222-2.jpg

リヤは、画像ではちょっと分かりにくいですが、バンプラバーをダンパーボディに当たる所までズラしておきます。
リバウンド調節は、最弱にしておきます。

一人で作業しているので画像は有りませんが、山に行く時と同じ装備(荷物を入れたバックパックを背負い、ヘルメットを被って)で、02WARPに跨って余計な力を掛けないようにして乗車姿勢を取ります。
降りる時も、これまた余計な力を掛けないようにそ~っと降ります。

後は、前後のサスペンションのサグを測ります。

20081222-3.jpg

フロントはこんな感じです。ダストシールとインシュロック間を測ったら、14mmでした。
昨日調べた数値が、トラベル量(130mm)の10~20%(13~26mm)ですので、このままのプリロード設定でO.K.です。
ちなみに、ほとんどプリロード掛けてないので、これ以上沈む設定には出来ません。
もう少し沈んでもいいかなとも思いますが、柔らかいスプリングに交換する必要が有りますので、とりあえずはこのままで行きます。

20081222-4.jpg

続いてリヤですが、作業前にユニットのトラベル量を測ったら、40mmでした。
マニュアルに記載されている数値は、トラベル量の25~30%ですので、サグが10~12mmになるように調整します。

リヤもフロントと同様、ほとんどプリロードを掛けていない状態なのですが、この状態でのサグは14mmでした。
少し沈み過ぎなので、コンプレッションリングを2回転締め込んでプリロードを上げて、再度サグを測定したところ10mmになりまして、バッチリ決まりました。

これでサグ調整は完了です。
後は、山を走りながらリヤのリバウンド調整をします。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用


Comments

はじめまして

随分昔の記事へのコメント投稿ですみません。

初めてMTBを購入したばかりで、いろいろ調べているところです。

記事にあるサグ調整に使用したインシュロックは、測定後、何で切り取られていますでしょうか。
インシュロックって意外と硬くて、カッターやニッパではフォーク表面を傷つけてしまいそうでちょっと怖いのです。

突然の質問で不躾ですが、お時間のあるときにでもお教え願えれば幸いです。

Leave a Comment


Body

プロフィール

mizuki

Author:mizuki
いじるのも乗るのも大好きな私の、自転車趣味の泥沼にどっぷりはまった日々のブログです。

FC2カウンター
ショッピング




為替レート
天気予報
最近のトラックバック
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
ブロとも一覧
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。