自転車泥沼生活

 
2
3
5
7
8
9
10
11
12
13
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのSPD-SLシューズ

08RACE LITEには、購入時からSPD-SLペダル(PD-R540S)が付いていました。

SPD-SLペダルは、専用シューズ以外では乗れない(ゆっくりと漕ぐくらいならスニーカー等でも可能でしょうが)ので、SPD-SLシューズを購入することにしました。
というか、08RACE LITEを購入した時点で、SPD-SLシューズ購入も決めてたのですが。

20120619-1.jpg

購入したのは、SHIMANO SH-R076Lです。

既ににモデルチェンジして後継モデルのSH-R077が発売されていますが、そのお陰で店頭在庫品が約65%オフで購入できました。

エントリーグレードのSPD-SLシューズですのでナイロンソールですが、私はロードバイクビギナーでガシガシ漕げる豪脚でもないので、カーボンソールほど硬くなくても問題無い、というかナイロンソールのほうが脚への負担が少なくていいかと思います。

ストラップもベルクロタイプで、バックルタイプの方が微調整が容易ですが、微調整出来ないわけではないので、特に問題ないかと。

正直、最初の一足なので、実際に履いて走ってみないと分からないことだらけで、不満が出てきたら買い替えもアリかと思ってますので、今回は安く手に入れる事が出来たこのシューズにしました。

このシューズはSPD/SPD-SL兼用なのですが、ペダルがSPD-SL用ですので、当然SPD-SLで使います。

クリートはペダルに付属しているのですが、08RACE LITE購入時には付いてなかったので、別途購入する必要があります。

20120619-2.jpg

SPD-SLのクリートは、固定モードと可動モードの2種類ありますが、きっちりペダリング出来る人なら固定モードの方がロスが少ないかと思いますが、私はペダリングも上手くないため固定モードだと脚への負担が大きくなるかと思いますので、可動モードのSM-SH11を選択しました。

20120619-3.jpg

クリートを取り付け。
とりあえず、シューズとクリートに刻まれているマークを基準に、標準的な位置に取り付けました。
あとは、走ってみて微調整します。

20120619-4.jpg

SPD-SLの場合、SPDよりもクリートが出っ張っていて歩き辛く、特に濡れた路面ですと滑りやすくて危険です。
また歩くとクリートの磨耗も早くなるので、クリートカバーも同時に購入しました。

20120619-5.jpg

クリートカバーを取り付けるとこんな感じ。
前側を引っ掛けて、後ろ側をパチンと嵌める感じです。
固めのゴムですので、滑りにくくもなっていいかと思います。

20120619-6.jpg

ただし、クリート+クリートカバーですとかなり厚みがあり、踵を付けて歩くとつま先上がりになり、足首の角度が変になってちょっと歩き辛いです。

ですので私は、踵は付けずにクリートの部分だけで歩いています。
最初は変な感じですが、慣れればこの方が歩きやすいかと。

SPD-SLシューズを使用してみての感想ですが、MTBで使っているSPDシューズよりソールも固いし、クリート面積も広いので、力が上手く伝わる感じがします。

固定力もSPDより上で、ペダル側のスプリング調節を最弱にしていますが、外すのに結構力が要ります。

クリートを嵌めるには、クリートの先端をペダルに引っ掛けて、後ろ側をバチンと嵌めるのですが、ペダルが片面のため発進時に上手くペダルを拾えずに、ペダル裏側に足を乗せてしまうと滑って足を踏み外す事が時々あります。
ま、これは慣れるしかないのですが。

店頭在庫品でしたがサイズもピッタリで、旧モデルですがデザインも現行モデル(SH-R077)よりもこっちの方が好みに合っていて、今のところ不満は無いです。

走り込んで使い慣れてくると不満も出てくるかもしれませんので、今後も随時レポートしていきます。

   


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加中です。クリックをお願いします。

スポンサーサイト

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

01NRSでの初トレイルライド(後編)

昨日の続きで、01NRSでのH山下りです。

20120615-1.jpg

下りシングルトラックの入り口横には、某放送局の中継局があるのですが、そこが工事中のため迂回路が設けられていました。
ウイングヒルズに行った時に、一部こんな感じでゴムシートが敷かれているところがあったので、専用コースに走りに来たような感じになりましたw

20120615-2.jpg

前日に雨が降ったのですが、下りシングルトラックは少し湿っている程度で、ぬかるんでいるような事はありませんでした。

XCバイクですので、下りは02AC程は楽しめない事は予め分かっていましたので、ゆっくり下るつもりでスタート。

フロントサスのトラベルが80mmと短いので、ライザーバーを組んでいるとはいえ前下がりになるのは否めないので、下りで怖いかと思っていましたが、意外と気にならずに普通に乗れます。
シートクランプもクイックタイプを使っていますが、XCライダーを真似て今回はあえてサドルを下げずに下ったのですが、思ってたよりも腰を引くのに邪魔になりませんでした。

ですが、久しぶりのシングルトラックで、おまけに前日の雨で微妙に湿っていて、木の根の処理を誤ると滑る滑るw

20120615-3.jpg

さらに1年半ぶりですので、トレイルの様子も変わっていて、↑こんな段差あったっけ?とか、こんなところにこんな岩あったっけ?と浦島太郎状態w

08WARPで走り始めた頃に近い乗車率で、何とか転倒せずに下るのが精一杯な状態です。
それでも何とか下り切り、1本目終了。

いつもは下りのみ肘・膝のガードを着けていて、下り切ったらそれらを外して一休みしてから上り口まで移動するのですが、今回はスローペースで下るためガードを着けていないので、休み無しで上り口に戻り、ノンストップで2本目突入。

1本目の頂上でもほとんど休んでいないので、2本目が上り切れるか心配でしたが、そこは上りが楽なXCバイクの01NRS。
思ってたよりもスイスイ上って頂上に。

調子に乗ってそのまま休憩せずに2本目の下りに。

1本目はいつも走っている、H山の南側に下りる比較的長いトレイルを下ったのですが、木の根が多く今日のコンディションでは走りにくかったので、2本目は西側に下りるちょっと短めのトレイルに。

20120615-4.jpg

こちらは走る人が少ないので、木の根の露出も少なく走りやすいのですが、木の枝等が多く落ちていてガードを着けていない脛に枝がヒットしまくり痛かったですw

でも、2本目と言う事もあり、乗車率も高めで下れました。

体力的には3本目も行けそうでしたが、今回は2本で終了。
朝8時過ぎに自宅を出て自走でH山に行き、2本走ってまた自走で自宅に戻ったのが11時過ぎ。
もう少し朝早く出れば、午前中で3本走ることも可能で、午後から家族サービスも可能ですので、これからちょくちょく走りに行けそうです。

01NRSだと楽に上れるので、夏の連休に一日で何本走れるか、体力の限界にチャレンジしてみようかとも思ったりしてます。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加中です。クリックをお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

01NRSでの初トレイルライド(前編)

この前の日曜日、久しぶりにH山に行って来ました。

01NRSで自宅から初めて自走で行きました。
01NRSでの初トレイルライドでもあります。

約1年半ぶりのH山ですが、前回上りのジープロードの途中まで舗装工事をしていたのが、どこまで進んでいるかと気になっていたのですが、予想に反して前回と同じ所までしか舗装されていませんでした。
重機も無かったので、とりあえず工事は終わっているようです。
また次年度とかに再開されるのかもしれませんが。

20120614-1.jpg

舗装路の両脇には、排水溝が設けられているのですが、既に蓋の穴やグレーチング部分は土砂で埋まってしまっていて、雨が降れば排水溝に入らずに路面を流れてしまっているようです。

20120614-2.jpg

で、路面には雨水と一緒に流れてきた小石や砂が残っていて、未舗装路より滑りやすい状態です。
自動車だと舗装路の方が上り易いでしょうが、MTBの場合はこの状態の方が未舗装路より上りにくい感じです。

20120614-3.jpg

上りジープロードの途中で見掛けた、「売物件」の看板。
後ろは山林なんですが、どこまでが売りに出ている範囲なのか全く不明w
そもそもこんな所を買う人居るのかなぁ?

1年半ぶりのH山ですが、あまり変わり映えは無く、

20120614-4.jpg

ジープロードの途中にある某携帯電話の基地局は、あいかわらず旧社名のままだしw

20120614-5.jpg

こちらも省庁再編前の名称のままですw

何年前から変わってねーんだよw

20120614-6.jpg

山頂での記念撮影~。

初めてXCバイクでH山を上りましたが、今まで乗ったMTB達よりも上りが楽ですね。
久しぶりなので上れるのか心配だったのですが、予想外にスイスイ上って行けました。
特に、山頂近くの舗装路の上りが結構きついのですが、漕げばしっかり前に進む感じで、いつもより楽にクリア出来ました。

01NRSの特徴でもあるゼロサグのリヤサスですが、上りでペダルを踏み込んでも全く動かないのですが、段差に乗るとしっかり動いてくれて、すごく乗りやすく感じました。

上ったので、当然下るのですが、長くなりますし眠くなってきたので、続きは明日以降に書きます。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加中です。クリックをお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

ようやく初乗り

今日、08RACE LITEの初乗りに行って来ました。

つーか、マトモに自転車に乗るの、今年初めてかも。
引越しとかあって、ゴタゴタしてて、乗る時間があまり無かったので。

昨日、初乗りに行こうと思ってたのですが、何か雲行きが怪しかったのでヤメ。
今日は、いいお天気でしたので、迷わずGO!

出発前には、夜勤明けだし初乗りなので、30分くらい走って適当なところでちょっと休憩して戻ってくる1時間くらいで考えていたのですが、走り出したら楽しくて、結局1時間半休み無しで走ってました。
市街地を走ったので、信号でストップが多かったので、距離は25km程でしたが。

08RACE LITEに乗ってみた感想は、

・ハンドルが少し遠いかも。
・タイヤは替えて正解。ノーマルタイヤに比べて、路面の小石(砂)を巻き上げなくなった。
・SPD-SLペダル初めてなので、うまく嵌らない事が何度も。要修行。
・同様に、STIの操作もたま~に間違う時が・・・・・。

ざっと、こんな感じです。
↑の個々の内容について詳しくは、後日取り上げていくつもりです。

今から仕事ですので、明日の午前中も行けるかな?

*デジカメ持って行ったのですが、走ることに夢中になっていて全く撮影しなかったので、画像無しです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加中です。クリックをお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

結局睡魔には勝てず

今日は、朝6時半過ぎにこちら(単身赴任先)に戻ってきました。
車から荷物を降ろして、一旦08RACE LITEも部屋の中に入れようかなと思いつつパソコンでいろいろやってたら、

いつの間にか寝てしまっていたorz

8時過ぎくらいまでは記憶があるのですが、そのあと何度か目を覚ましたものの、結局そのまま寝てしまい、起きたのは16時前。
さすがに仕事前のその時間から走りに行く気にはならなかったので、08RACE LITEの初乗りは明日以降に持ち越しです。

20120604-10.jpg

ちゃんと、08RACE LITEは持って来ましたよ~。
単身赴任先の住まいは、会社の寮で4畳半一間なので、スペースを有効利用するために、バイクの収納はミノウラのバイクタワー10を使っています。
床と天井で突っ張るタイプですので、足元に脚部が無く邪魔にならなくていいです。
もちろん、突っ張る場所に強度が無いとダメですが。

20120604-11.jpg

ちなみに、以前はココにSteam Rollerが収まってました。

生活している部屋なので(布団とか衣類から出ると思われます)、結構埃が多いです。
テレビやパソコンの上など、マメに掃除していないとすぐ埃だらけになります。

20120604-12.jpg

ですので、室内ですがカバーを掛けています。
ダイソーで105円で買ったミニバイク用のカバーです。
ミニバイク用だと、自転車用より少し大きいので、スポーツ車でもスッポリ納まります。
さすがに安いので生地はペラペラで、屋外で使ったらすぐにボロボロになりそうですが、室内であれば脱着時に引っ掛けて破らないように気をつければ、埃除けには十分です。

明日は、仕事が終わってから走りに行く予定でいますが、天気と体調次第ということで。
水曜日は雨が降りそうなので、明日走っておきたいので、よほどの事が無い限り行くと思いますが。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加中です。クリックをお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

ようやく完成!

08RACE LITE組立作業の最後の仕上げです。

20120604-1.jpg

シフトケーブルの途中に、インラインアジャスターが付いていて、まぁそれほど目障りではないですが、いまいちスマートじゃないし、このインラインアジャスターはちょっと回しにくいので、取り外すことにします。

とはいっても、単に取り外しただけではディレイラーの調整が出来なくなる(リヤはディレイラーにアジャスターが付いていますが、フロントは付いて無い)ので、

20120604-2.jpg

Jagwire Rocket II adjuster(BSA035)を使います。

20120604-3.jpg

アジャスターは、直接STIに取り付けます。
シフトケーブルアウターは、手持ちの新品(以前MTBを組んだ時の余りですが)に交換しましたが、インナーケーブルは状態も悪くなかったので、再使用しました。
これで見た目がスッキリしました。

20120604-4.jpg

チェーンは、付いていたCN-HG53が錆も無く、今回の作業前に伸びを測ったら0.25%程度と状態が良かったので、灯油で洗浄しチェーンオイルを塗布してそのまま使う事にしました。
チェーンの接続には、KMCのミッシングリンクを使いました。
私の所有するMTBでは、全てミッシングリンクを使用していますが、今までトラブルも無くチェーンの洗浄が楽になるので、今回も使用することにしました。

20120604-5.jpg

ペダルは、スピンドルの回転も非常にスムーズで特に問題も無いので、今回はバラさずに清掃のみで済ませました。

20120604-6.jpg

サドルは、レール部に少し錆が出ていたので、錆落としをしたのですが、錆取り剤を使ったらレールに印刷されている目盛りが少し消えてしまいましたorz

20120604-7.jpg

ボトルケージは、ELITEのCiussi Gelを取り付け。
他のバイクで使うつもりで購入したものの、結局使わずに眠らせていたものです。

サイコンは、ケイデンスも測れるCATEYEのCC-CD200が付いていたのですが、有線式のため配線がうっとおしいので、以前08WARP&02ACに付けていたCATEYEのワイヤレスサイコンCC-MC100Wを取り付ける事にしました。

08WARP&02ACではオプションのセンターマウントブラケットを使っていたのですが、φ25.4のハンドルバー用のため08RACE LITEのφ31.8のハンドルバーには取り付け出来ないので、保管してあるはずのノーマルのマウントブラケットを探したのですが、見つからずorz

01NRSから一時拝借しようかとも考えたのですが、それもちょっとなぁと思い、

20120604-8.jpg

センターマウントブラケットは樹脂製である程度の融通は利くので、φ31.8のハンドルバーにも付くことは付くのですが、固定ビスが取り付けできないので、ビスの代わりにインシュロックで縛って、暫定的に取り付けしました。
これでも結構しっかり固定されていて、サイコンの操作時に動くことも無いので、ノーマルブラケットを取り寄せるまでの間はこれで十分使えます。
もしかしたら、ケイデンスも測れるワイヤレスサイコンを購入するかもしれませんし。

20120604-9.jpg

最後に変速やブレーキの調整を行い、08RACE LITEの組立作業完了~!
画像では、作業前とはタイヤが変わった以外の変化は分からないかと思いますが、現物を見るとかなりきれいになりましたし、各部のチェック&メンテナンスを行ったので、安心して乗ることが出来ます。

実は私、今週は仕事が夜勤で、この後夜中の内に単身赴任先に戻り、昼前までは起きているつもりですので、08RACE LITEを持って行って、午前中に乗ろうかと思っています。

ただし、睡魔に負けて寝てしまわなければですがw

  

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加中です。クリックをお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

Bell XLV

トレイルライドの時に被っているヘルメット(Bell Triton)のハーネスが、経年劣化で切れてしまって被れなくなってしまったので、新しくヘルメットを購入することになりました。

ただ、何度か書いていますが、私の頭は横幅が広いため、なかなか合うヘルメットが有りません。
Tritonはもう廃盤になってしまっていますが、まだ在庫している店もあるようなので、それを買うことも考えましたが、在庫で年数を経ていて被れる年数が短いのもと思ってそれは却下。

で、Tritonの後継とも言える、Bellのデカ頭向けヘルメット、

20120601-1.jpg

Bell XLVを購入しました。

カラーは、Tritonは08WARPに乗っていた時に買ったので、フレームにあわせてブルー/ホワイトでしたが、今所有しているMTBのフレームは全てブラックですので、XLVはブラックにしました。
ただ、ブラックといっても、画像をよく見てもらうと分かりますが、一部カーボン調になっています。
ブラックだと、夏は暑いかもしれませんけど、どうなんでしょう?この夏、身をもって体験してみますが。

まだ被ってトレイルライドはしておらずインプレは書けませんので、今回はTritonと比較してみました。

20120601-2.jpg

ベンチレーション穴は、サイズや形状が違いますが、トータルの面積ではほぼ同じように見えます。
ただ、XLVはバイザーにもベンチレーション穴があるので、ここからの導風が期待できそうです。

バイザー自体の形も、Tritonよりも角ばっておらず、少しスマートに見えます。
ここらへんは、XLVのベースとなったVenture譲りですね。
というか、基本的にデザインはVentureと同じで、サイズを大きくしたのがXLVです。

20120601-3.jpg

正面から見ると、XLVの方が少しですが高さが低いようです。
少し頭が小さく見えるかな?ほとんど変わらんか?

20120601-4.jpg

内装は、頭頂部のパッドのデザインと、ストラップ等の色が違う以外は、ハーネスやストラップ、額部分のパッドやアジャスター等、TritonとXLVは全く同じ物のようです。ちなみに、XLVとVentureも全く同じみたいです。

サイズ表記はTritonがUL(Universal Large)、XLVがUXL(Universal Extra Large)となっていて、XLVの方がより大きそうな感じがしますが、数値的にはどちらも58~65cmで同じです。

被った感じでは、XLVの方が若干横幅が広いような感じもしなくもないですが、ほとんど変わらないと思います。

現在Tritonを被っている方も、私と同様経年劣化で買い替えという可能性もありますので、次のヘルメット候補にXLVはいいと思います。
Tritonがサイズピッタリならば、XLVも違和感無く被れると思います。

トレイルライドで被ってみて、後日あらためてインプレを書きますね。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加中です。クリックをお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用


プロフィール

mizuki

Author:mizuki
いじるのも乗るのも大好きな私の、自転車趣味の泥沼にどっぷりはまった日々のブログです。

FC2カウンター
ショッピング




為替レート
天気予報
最近のトラックバック
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
ブロとも一覧
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。