自転車泥沼生活

 
1
2
4
5
6
8
9
10
11
12
13
15
17
19
20
22
24
25
26
27
29
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日発売!「MTB日和Vol.9」

早いもので、今日で11月も終わりで、今年もあと1ヶ月になりますね。

今日11月30日は、「MTB日和Vol.9」の発売日です。

20111130-1.jpg

先程、買って来ました。

買ってきたばかりですので、まだパラパラ見ただけですが、先日発売された「MTB only」と内容が被ってる記事も結構あるかなと思っていたのですが、似たようなテーマの記事だったりする部分も有るものの、予想に反してあまり被っては無かったですね。

まぁ、狭い世界ですし、記事に出来る内容も限られてますから内容が被るのは仕方ないのですが。

せっかく、MTB専門誌が増えても、同じような内容では意味が無いので、それぞれ特色を出していってほしいですね。



にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加中です。クリックをお願いします。

スポンサーサイト

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

アルミクランクとカートリッジBB

久しぶりに、Alouette Sの登場です。

20111128-1.jpg

Alouette Sのクランクは、鉄製でメッキ処理されたもので、ボトムブラケット(以下BB)は、カップアンドコーン式です。
別に、鉄製クランクやカップアンドコーンBBがダメというわけではないのですが、お値段相応のパーツが組まれており、クランクはメッキ前の仕上げが雑で見た目安っぽいし、BBは調整しても少しゴロゴロ感が残るので、交換することにしました。

20111128-2.jpg

クランクとBBを外したBBシェルですが、ネジ部&フェイス面にしっかり塗料が乗っています。
特に、フェイス面はボッテリと塗料が付いてますので、このままBBを組んでも緩みやすくなる可能性があります。

20111128-3.jpg

ですので、BBタップを通して、

20111128-4.jpg

フェィスカットをしておきました。
フェイスカットは、右側のみ施しました。
今回使用するBBは、BBシェルの左端面には当たりませんので。

20111128-5.jpg

交換するBBは、TANGEのLN-3922です。
もともと組まれていたBBの軸長は129mm(刻印5T)でしたが、カートリッジBBで同じ軸長の物が無かったので、一番近い127.5mmの設定があるこのBBにしました。
出来れば軽量化(微々たるものですが)を考え、アルミカップ&中空スピンドルのLN-7922あたりを使いたかったのですが、軸長の関係で、スチールカップ&中実スピンドルのLN-3922にしました。

軸長がノーマルBBより少し短いですが、右側にチェーンケースのステーを共締めするため1mm弱右に出ますので、チェーンラインはほぼ同じくらいになるのではないかと思ってますが、組み合わせるクランクとの兼ね合いもありますので、実際に組んでみないと何とも言えません。

クランクは、アルミクランクを探したのですが、シティサイクル用はなかなか見つかりませんでした。
ロードバイク用やMTB用ならいくらでもありますが、Alouette Sは基本的にスポーツ車用パーツは使わず、シティサイクル用パーツでのグレードアップをする事にしていますので。

20111128-6.jpg

結局、Yahoo!オークションで入手しました。
歯数がノーマルクランクは34Tなのに対し、このクランクは33Tなのですが、34Tのアルミクランクが見つからなかったので、1Tくらいならそれほど差は感じないだろうと思い、コレにしました。

オークションの商品情報にはメーカーは記載されていなかったので、おそらく中国製の無名メーカー品だと思っていたのですが、

20111128-7.jpg

届いたクランクを見ると、裏に何か見た事のある王冠の刻印が!
スギノ製でした!
こんなのも作ってるんですね。ちょっとビックリ。

20111128-8.jpg

BB&クランクの交換完了~(画像では、まだ途中ですが)。

交換して乗ってみましたが、BBの回転は手で回すとゴロゴロ感も無く今までよりスムーズに回りますが、足で漕いだ感じでは若干スムーズにはなっているのですが、ペダルの回転がゴロゴロしてるからか、劇的な変化は体感出来ていません。

歯数が1T少なくなったのは、全く分からず問題無しでした。

チェーンラインも、ほぼノーマルと同じ数値に収まりました。

交換した効果は今のところあまり体感できていませんが、アルミクランクで見た目が少しグレードアップしたので、まぁ満足しています。

次は、ペダルを変えないといかんかな。



にほんブログ村 自転車ブログへ
↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加中です。クリックをお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

リヤサスピボットのガタ修理

01NRSのリヤサスの、チェーンステーとシートステーを繋ぐピボットにガタがある事は、以前の記事で書きましたが、先日その修理を行いました。

純正の樹脂ブッシュが廃盤で手に入らないので、社外品のベアリングキットを使う事にしたのは、以前書きましたとおりです。

20111123-1.jpg

ベアリングキットの内訳はこんな感じです。
画像左側が組んだ状態で、右側が構成パーツ単位にバラした状態です。
下に並んでいる白いリングは、純正樹脂ブッシュのフランジ部分の代わりになる樹脂ワッシャです。
カートリッジベアリングは、Enduro製です。

交換作業に入りますが、まずはチェーンステーとシートステーを繋ぐピボットボルトを取り外し、ピボットをバラしてシートステーから樹脂ブッシュを取り外します。
樹脂ブッシュがすんなり外れれば、フレームにシートステーを取り付けたまま作業しても大丈夫ですが、今回は固くて外れずに軽く叩く必要があったため、フレームからシートステーを取り外して作業しました(撮影するのを忘れていたので、画像は有りません)。

20111123-2.jpg

樹脂ブッシュを取り外したら、あとは組み付けていくだけです。
まずは、ナットをチェーンステーのネジ部に取り付けます。
緩み止めに、ロックタイトを塗布して取り付けました。

20111123-3.jpg

続いて、樹脂ブッシュを取り外した部分にカートリッジベアリングとカラーを取り付けます。
ベアリングは圧入すると言うほどのものでは無く、指で押し込めます。

20111123-4.jpg

さらに側面に樹脂ワッシャを取り付けます。

20111123-5.jpg

ちなみにこの樹脂ワッシャ、加工時のバリが出ていて一部厚くなってしまっているので(画像上)、定盤上に耐水ペーパーを敷き、その上で研磨して平面を出しておきました(画像下)。

ちなみに、指で押さえて研磨していたので、指の皮も一緒に削れてしまい、作業後指がヒリヒリして薄っすら血が滲んでしまっていましたw

20111123-6.jpg

あとは、チェーンステーとシートステーを合体させるだけなのですが、左右のピボットを一緒に嵌めなくてはならず、先程の樹脂ワッシャが脱落したりして、なかなか上手く行きませんでした。

いろいろ工夫して、何とか合体させることが出来ましたが、出来れば誰かに手伝ってもらった方が楽に作業出来ると思います。
あと、嵌め合いも結構キツメなので、樹脂ワッシャは研磨しておいて正解でした。
研磨せずに厚いままだったら、恐らく嵌らなかったかと。

せっかくリヤ周りをバラしたので、他にも手を加えている箇所があるため01NRSは組み上がっておらず、まだ乗っていないので動きとかは分かりませんが、とりあえずピボットのガタは無くなりました。

これで、山に持って行ける~

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加中です。クリックをお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

実は、2011モデルも・・・・・

先日、DEEMAX ULTIMATEの2012年モデルを購入した事を報告しましたが、

20111121-1.jpg

実は、2011年モデルも購入していましたw
6~7月に02ACの大規模アップデート用パーツを揃えた時に購入したものです。

この画像だと、2012年モデルと同じに見えますが、2011年モデルですので、当然リヤハブは12×150mmスルーアクスルです。

もちろん、そのままでは02ACに装着出来ないのは百も承知の上で、その時点では135mmモデルは発売されていなかったので、改造して何とか135mmに出来ないかとずーっと考えていたのですが、最終的には現物見てみないと分からんわって事で、思い切って購入しました。

で、無印DEEMAXの135mmアクスルを取り寄せて、換装できないか検証してみることに。

20111121-2.jpg

分解してアクスルシャフトを比較してみましたが(画像左:150mm、右:135mm)、この時点で、

「ああ、こりゃ無理だな」と

フリー側(画像では下側)からシャフト中央の段付部分までは同寸法で、ブレーキディスク側だけが短くなってます。
左右均等に短くなってないとセンターがズレますし、カセットスプロケットやブレーキディスクの位置がズレますから。

20111121-3.jpg

でも現物が目の前に有るのですから、ダメもとで135mmのアクスルシャフトを組んでみましたが、ハブからシャフトが出ませんでした。

ハブの幅からして違うようで、単純にアクスルシャフトの長さを変えて150mmと135mmにしてるわけではないのねorz

まぁ、アクスルシャフトの長さだけ変えて対応してたら、フレームとカセットスプロケットやブレーキディスクの位置関係がおかしくなってしまいますもんね。
後から思えばちょっと考えれば分かりそうなもんですが、その時はそこまで考えが及ばなかったのよねorz

アクスルシャフト換装での135mm化は不可能な事が分かったのですが、何とかして装着したいので、他に方法が無いかあれこれ考えて、

「シャフトだけが無理なら、ハブごと換えればいいのでは!?」

という結論になり、無印DEEMAXの135mmモデルのリヤホイールのみを購入して(ハブ単体では買えないのよね~)ハブを摘出し、ULTIMATEのリム&スポークと合体させることにしようかと。

ハブだけシルバーになってしまいますが、

20111121-4.jpg

過去には↑こんなモデル(2004年モデル)もあったので、逆バージョンでそれはそれでアリかと思って、無印DEEMAXのリヤホイールを購入する寸前まで行ってました。

が、購入直前で2012年モデルが発表になり、ULTIMATEにリヤ135mmモデルの設定が有ることが分かり、2011年モデルを売却して2012年モデルを購入しました。

2011年モデルは、購入金額と同額で売却できたので、金銭的ダメージも有りませんでした。

以上、人柱報告でしたw

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加中です。クリックをお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

本日発売!「MTB Only VOL.2」

先日お知らせしました通り、「MTB Only VOL.2」が本日発売になりました。

早速、単身赴任先から自宅へ戻る途中で書店に立ち寄り、パラパラ見てみましたが、

お、今回はいいじゃん。ちゃんと”MTB Only”だしw

ということで、

20111118-1.jpg

買ってまいりました。

詳しい内容は、買って読んでくださいw

VOL.1と比べると(とは言っても、VOL.1は書店でパラパラ見ただけなんですが)、内容も充実していると思います。
ただ、ちょっと詰め込み過ぎな感じもしなくはないですが・・・・・(あくまでも、個人の感想です)

VOL.3は来春の発売を予定しているそうなので、今後もこの調子で続いて行ってくれる事を願います。

VOL.2買っちゃったから、VOL.1も買おうかな。
でも、amazonでも新品の在庫は無いみたいだし(ということは出版元にも在庫無いのかな?)、書店を回ってきれいな在庫を探すかな。



にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加中です。クリックをお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

Newホイール到着!

02AC用に新しく発注したホイールが届きました。

20111116-1.jpg

Mavic Deemax Ultimate 2012モデルです。

まぁ、以前から当ブログを見ていただいている方には、「ああ、やっぱりコレか」と思われるかもしれませんがw

20111116-2.jpg

02ACに組むので、2012年モデルから追加された、リヤエンド幅135mmのものです。

詳しい仕様等をグダグダと書くのも何ですので、メーカーサイトをご覧ください。

リヤエンド幅135mmですが、12×135mmスルーアクスルですので、そのままでは02ACに取り付けできません。
とはいっても、クイックリリースアダプターが付属していますので、別途クイックリリースを用意すれば、9mmQRで取り付ける事が可能です。

20111116-3.jpg

ですが、今回はその方法を取らずに、オプションのボルトオンアクスルを使用します(まだ袋に入ったままなので、画像が見難くてすみません)。

近いうちに02ACに取り付けますので、詳しくはその時に。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加中です。クリックをお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

11月18日発売!「MTB Only Vol.2」

今年3月にVol.1が発売されて以降、半年以上音沙汰の無かったMTB雑誌「MTB Only」ですが、11月18日にVol.2が発売されるようです。

特集記事等の詳しい内容は不明ですが、Vol.1がいまいちだったので、あまり期待出来ないかも・・・・・。

実は私、Vol.1は買っていません。

書店でパラパラと見ただけですが、特に目新しい記事も無く、「MTB Only」というタイトルなのに、MTBではない電動アシストのクロスバイクの記事が掲載されていたりと、購買意欲が沸かなかったためです。

Vol.2の内容が良ければ、Vol.1と合わせて買おうかなと思っているのですが、さてどうでしょうか。

*発売日は変更される可能性があります。



にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加中です。クリックをお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

カタログスペックと実測

SRAMのパーツカタログ日本版を手に入れました。

20111107-1.jpg

SRAMだけでなく、SRAMグループのROCKSHOX、AVID、TRUVATIV、ZIPPの日本で発売されているパーツも掲載されています。

パラパラ見ていたら、02ACに組んでいるカセットスプロケットPG-990が載っていまして、11-34Tの重量が305gと書かれていました。

先日の記事で書きましたが、実測重量が305gですので、カタログスペック通りという事になります。

ちなみに、PG-980 11-34Tのカタログ重量は310gです。
コチラは、実測重量が302gでしたので、8g軽いことになります。

このカタログには掲載されていませんが、Shimano CS-M770 34-11Tはカタログ重量300gに対し、実測重量298gとこちらもほぼカタログスペック通り。

カタログスペックより重いものが無い、非常に優秀(?)なカセットスプロケット達です。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加中です。クリックをお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

SRAM PG-990

02ACの大規模アップデートの時に、カセットスプロケットも新調しました。

アップデート前は、SHIMANOのXTグレードのCS-M770(11-34T)を使っていましたが、ディレイラー&シフターをSRAM X-9にしたので、カセットスプロケットもSRAMにして揃えようと思い、01XcX-SEで使っているPG-980(11-34T)を移植するつもりでした。

ですが、最終的には、

20111102-1.jpg

PG-990(11-34T)を購入しました。

なぜPG-980をやめて、PG-990を購入したかというと、

20111102-2.jpg

その理由は裏側にあります。

02ACはホイールも替える予定で、使用予定のホイールがアルミフリーボディを採用しているからです。

20111102-3.jpg

↑の画像は、01XcX-SEで使用しているMAVIC Crosslineのアルミフリーボディですが、よく見ていただくとカセットスプロケットが食い込んで痕が付いています。
走行距離が少ないのでこの程度ですが、もっと距離を走れば、さらに深く食い込んでしまう可能性があります。

そこで、スパイダーアームを採用し、フリーボディと接するスプライン部の幅が広くて食い込みにくいPG-990にしたわけです。
実は、PG-980も1~3速はスパイダーアームを採用していて、先ほどの画像でもその部分はフリーボディに食い込んでいません。

もっとも、PG-990もスパイダーアームは1~5速の部分だけなんですけど、山専用バイクの02ACではそれより上のギヤはあんまり使わないので、まぁ大丈夫かなと。

CS-M770は1~7速がスパイダーアームなので、これが一番アルミフリーボディには優しいのかもしれませんが、最初に書いたようにSRAMで統一したかったので。

ちなみに重量ですが、

20111102-4.jpg

PG-990は305gで、

20111102-5.jpg

CS-M770は298g、

20111102-6.jpg

PG-980は302gで、

PG-990が一番重いorz

まぁ、一番軽いCS-M770との差は7gとほとんど個体差程度なんですが、PG-980よりは軽いと思ってたので、意外な結果でした。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ブログランキングに参加中です。クリックをお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用


プロフィール

mizuki

Author:mizuki
いじるのも乗るのも大好きな私の、自転車趣味の泥沼にどっぷりはまった日々のブログです。

FC2カウンター
ショッピング




為替レート
天気予報
最近のトラックバック
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
ブロとも一覧
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。