自転車泥沼生活

 
02


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月もおしまい

今日で、2月もおしまいです。
2月は28日までしかないからか、あっという間に過ぎて行ったような気がします。

2月は1年で一番寒いイメージがあるのですが、今年の2月は暖かかったと思います。
もちろん、個々の日では寒い日も有ったのですが、全体的には暖かく感じました。
今日もいいお天気で、すっかり春といった感じでした。

2~3日前の天気予報では、明日の日曜は晴れですが、昨日・今日と雨が降るような予報だったので、路面コンディションが悪い事が予想され、山に行けるかどうかなぁ?といった感じだったのですが、今日晴れてくれたので明日はH山に行ってきます。

半月くらい間が開いたのと、08WARPのサドルとフロントブレーキを換えたので楽しみです。

そうそう、2月も当ブログは皆勤賞でした。来月以降も宜しくお願いします。

*追記

そろそろ寝ようかと思って、何気なく窓の外を見たら
雨降ってる・・・・・orz


にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

スポンサーサイト

テーマ : 日記    ジャンル : 日記

ボトムブラケットの取り外し時に

スクエアテーパーやオクタリンクのボトムブラケット(以下BB)をフレームから取り外す時に、シマノのTL-UN74-S等のBB脱着工具を使うかと思いますが、この工具のBBへの掛かりが浅くて、緩めようと力を入れると傾いてしまい、舐めそうになる事があります。

工具がズレないように押さえながら作業する事になりますが、押さえるのと緩める方向に回すのと、力&注意力が分散してしまい、作業がやり辛いと思うことが多々あります。

20090227-1.jpg

そこで、フィキシングボルトでBB脱着工具を固定してしまうと、非常に作業がやり易くなります。
工具に開いている穴が大きいので、そのままですとフィキシングボルトで押さえられないので、適当なワッシャ等を間に噛ませる必要があります。

BB脱着工具がズレなければいいので、フィキシングボルトはそんなにしっかり締める必要は無く、軽く手で締めるだけでO.K.です。

これだけの事で緩める事だけに集中できますし、舐めてしまう危険もなくなります。
もちろん、締める時にも同じように固定すると作業がし易いと思います。

ちなみに、BBBのハンドル付BB脱着工具BTL-20/BTL-20Lには、工具固定用のボルトが組み込まれています。

ちょっとしたアイデア(既に同じ事をやっている方もたくさんいるかと思いますが)の紹介でした。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

バラし完了

今日は、体調も回復したので、02ACidのバラしの続きを行います。

20090226-1.jpg

残ったフロント周りのパーツを外していきます。
ブレーキを外し、続いてホイールを外します。
クイックのレバーが錆びて固着しているのか、全く動かなかったので、仕方なくレバーを回して外しました。

20090226-2.jpg

グリップを外し、シフター、ブレーキレバーを外します。
ワイヤーは、レバーやシフターに付けたまま外しました。

20090226-3.jpg

ここまでバラしたら、一旦ワークスタンドから降ろして、逆さにして床に置きます。
固くて外れなかったボトムブラケット(以下BB)を外すためで、ワークスタンドにセットした状態よりこの方が力を掛けやすいからです。

20090226-4.jpg

BBを外そうとしますが、なかなか緩んでくれません。
ネジ部にWAKO'Sのラスペネを噴いてしばらく置いてから、長いブレーカーバーで体重を掛けてやっと緩んでくれました。

20090226-5.jpg

緩めるのに苦労したので、錆び付いていたのかな?と思っていたのですが、外したBBを見ても錆びてはいません。
BBシェル側のネジ部もギタギタになっていないか心配でしたが、全く問題無さそうです。単に強く締め付けてあっただけなのかな?

20090226-6.jpg

再びワークスタンドにセットして、ハンドルバー、ステム、フロントフォークを外します。
ヘッドパーツの下側がこんな感じで錆びてしまってます。これは交換しないとダメですね。
コラムは錆びているかと予想していたのですが、意外と錆びていませんでした。

20090226-7.jpg

ヘッドパーツのカップをフレームから取り外して、02ACidのバラしは完了です(サドルとかリヤのVブレーキポストとか付いていますが)。

まずは、フレームの清掃から取り掛かりましょうかね。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

風邪ひいたかな?

どうも、風邪ひいたみたいで、なんだか体がダルい。

02ACidバラしの続きをするつもりでしたが、薬飲んで大人しく早目に(もう遅いけど)寝ます。

ということで、今日は更新ナシです。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 日記    ジャンル : 日記

とりあえずバラします

まだ、交換するパーツを用意していない02ACidですが、とりあえずバラす事にしました。

20090224-1.jpg

まずは、ペダルを外します。

20090224-2.jpg

続いて、クランクを外し、

20090224-3.jpg

チェーンをカットして取り外します。

20090224-4.jpg

リヤディレーラーを外して、

画像はありませんが、リヤブレーキとリヤホイールを外します。

20090224-5.jpg

今日はここまでバラしました。
リヤ周りをほぼバラし終えました。

ボトムブラケットを外そうとしたら、固くて緩まなかったので、無理せずに明日あらためてやる事にしました。

続きは、また明日。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

サドル替えました

08WARPのサドルを替えました。
今まで使っていたVELOのVL-1021でも、H山の上りで尿道が痛くなるのを除けば(上りが続くからで、サドルのせいでは無いと思う)、それほど不満も無かったのですが、昨年末にChain Reaction Cyclesで購入したサドルがある事に気付き(買ったの忘れてた)、替えてみる事にしました。

20090223-1.jpg

SDGBel-Air RL Titanium Railsです。
レールがチタン製で、クロモリレールの物よりも65gほど軽量です。
それほど軽量フェチでもないので、クロモリレールでもよかったのですが、国内でクロモリレールのBel-Air RLを買う価格でチタンレールが買えたので、チタンレールにしました。
ただ、昨年12月の話で、今は仕入れ値が上がったのか値上げされてしまってますので、あんまり安く無いです。

ちなみに、このサドルは02WARPに使うつもりで買ったものです。
02WARPのレストア完了直後に自宅周辺で試乗した時に、サドルの表皮がツルツルになっていて滑る感じがしたので、交換するつもりでした。
その後、02WARPでH山にも行ったりしましたが、サドルの滑りは気にならなくなったのでそのままになっていました。

せっかくなので、メインバイクの08WARPに組んでみる事にしました。

20090223-2.jpg

サクッとサドル交換完了です。
前のサドルとほぼ同じ位置に取り付けました。乗ってみて必要ならば微調整します。

前のサドルがブルー/ブラックのツートンカラーだったのに対し、今回はブラック一色ですので、ちょっと地味になってしまいました。Bel-Air RLにはツートンカラーのモデルも有るのですが、ブルーを使っているものは無いんですよね~。

このサドルで、H山の上りで尿道が痛くなるのが解消されないかなぁ。
前のサドルが穴あきサドルだったのに痛くなっていたから、まぁ無理でしょうけど。
上り対策で、サドルを前下がりにすればいいかもしれませんが、そうすると下りでダメですので。
H山の山頂で毎回サドルの角度変えるのもイヤだしなぁ~。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

詳しく見てみると

20090222-1.jpg

02ACidについて、先日簡単に書きましたが、部屋の中に持ち込んでワークスタンドにセットしましたので、もう少し詳しく見る事にしました。

20090222-2.jpg

ハンドル周りは、グリップはゴムが劣化していて要交換ですが、ハンドルバーとステムは使用可能です。ステムのボルトはかなり錆びているので交換しますが。

ヘッドパーツは、スターファングルナットが壊れていて、ヘッドがガタガタの状態でしたので、交換した方が良いかと思います。

20090222-3.jpg

フロントサスは、画像では分からないですが、ダストシールに細かなヒビ割れが有りますので、要交換です。
シール交換でバラすのならば、ついでにスライドブッシュも交換しようかと思いますが、それらのパーツと専用工具で8~9千円程掛かります。
プラス1万円程出せば、ロックアウト付のサスペンションフォークが買えますので、いっその事交換してしまった方が良いかもしれません。

20090222-4.jpg

クランクは、インナー+ミドルの2枚ギヤにしてと思っていたのですが、このクランクにはインナーギヤを取り付けるためのボルト穴の加工がされていません。
インナーギヤを取り付けるなら、クランク交換しないといけません。

20090222-5.jpg

リヤカセットは、歯が磨耗していますので、交換します。
先日ココに書きましたが、手持ちのSRAMの9Sカセットに交換します。

リヤディレーラー(以下RD)をどうするか悩んでいます。
このRD(SRAM 5.0)でも9Sで使用できるのですが、シフターやフロントディレーラーを新品にする予定なので、RDも新品にしようかなと。
ワイヤー類は、新品に交換します。

20090222-6.jpg

サドルは、左側面に破れが有るので、交換するつもりです。
シートポストも交換したいのですが、特殊なシートチューブの形状のため、角度調整範囲の大きいシートポストでないとサドルの角度が出せないので、使えそうなのを探しています。

20090222-7.jpg

タイヤは、グリップ等のゴムパーツが酷く劣化していたのに対し、パッと見た感じでは減ってはいるもののそれほど痛んではいないように見えたので、とりあえずこのまま使おうかと思っていたのですが、よく見たらトレッド面に何箇所か亀裂が入っていました。
新品に交換しないとダメですね。

こんな感じで、室内に持ち込んでじっくり見てみるといろいろと問題点が有って、結局フレームとハンドル&ステムくらいしか使わなくなってしまいそうです。

交換パーツをリストアップしてみましたが、クランクセットやフロントサスフォークも交換するとして、ざっと8~10万円くらいパーツ代で掛かりそうです。
それほどグレードの高いパーツはセレクトしていないのですが、今回はブレーキも油圧ディスクにしようかと思ってますので、どうしてもそれくらいは掛かってしまいます。

ホイールとか、一部のパーツは手持ちの物を使うので、それらはパーツ代に含めていませんので、全てを新品で用意したとしたら、もっと掛かる事になります。

自動車とかと比べれば、はるかに安いですけど、それでも結構掛かるよなぁ~。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

新しいグローブその2

昨日、新しく購入したグローブの事を書きましたが、今日は一緒に購入したグローブの紹介です。

20090221-1.jpg

昨日紹介したグローブと同じSIXSIXONEの、CK1 GLOVEです。

こちらは、昨日紹介したTRANSITION GLOVEと違い、甲の部分がメッシュになっていますので、もう少し暖かくなってからしか出番が有りませんが、必要になっていざ購入しようと思ったら品切れという事が、最近の海外通販では結構ありますので、一緒に購入しておいた次第です。

甲の部分にカーボン製のプロテクターが付いています。トレイルを走っていて木とかに手をぶつけた時に、守ってくれそうです。
掌部分にはGELパッド等は無く、薄手の造りなので操作時の感覚が損なわれないと思います。
薄手とは言っても、部分的に補強されているので、耐久性も問題無さそうです。
人差指と中指の先端には、レバー操作時の滑り止め加工が施されています。

今回購入したカラーは、ホワイト/レッドですが、他にブラック/グレーがあります。
ブラック/グレーだとモノトーンでちょっと地味かなと思ったので、ホワイト/レッドにしました。

まだ先になりそうですが、使ってみたら使用感とか感想を書きますので~。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

新しいグローブ

先日、H山を走りに行く時に使っているグローブの事を書きました。

もういちど簡単に書きますと、上りではウインターグローブでは暑いので、サマーグローブを使っているのですが、メッシュになっているので下りでは手が冷たくなるのでウインターグローブに替えて下っています。
ウインターグローブをバックパックに入れて上っているのですが結構嵩張るのと、ウインターグローブの掌にGELパッドが入っているので、操作性が今ひとつです。

20090220-1.jpg

そこで、新しいグローブを購入しました。
SIXSIXONE(シックスシックスワン)のTRANSITION GLOVEです。

コールドウェザータイプで、メッシュになっていないので、ウインターグローブほどでは有りませんが、ある程度の防寒性を持っています。
ウインターグローブのように長くは無いので、袖口のところから風が入るかもしれませんが、ジャケットの袖口が絞ってある物ならば問題無いでしょう。
掌にはGELパッド等が入っていないので、操作性を損なう事も無いと思います。
人差指と中指のところのグレーの部分は、滑り止めのようです。SIXSIXONEのロゴの形になっています。

早速山に行って試したいところですが、明日の休みはお家で留守番していないといけないので、来週末までお預けです。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

使えそうな在庫パーツ

うちに眠らせているパーツで、02ACidに使えそうなパーツを探してみました。

20090219-1.jpg

まずはホイールですが、リムがWTBのDUAL DUTY FR+メーカー不明(FORMULA?)の低価格帯の完成車に良く使われているディスクブレーキ対応のハブです。
完成車外しの未走行品で、08WARPのディスクブレーキ化の際に入手して使わなかった物です。

リムは幅が28mmで、02ACid純正(ALEX DM24 幅32mm)より若干(4mm程)細くなりますが、飛んだり跳ねたりするわけではないので、これで問題無いでしょう。
ハブは、回転がイマイチ(未走行品なのにねぇ)ですが、分解・グリスアップして調整すれば大丈夫かと。

20090219-2.jpg

ブレーキは、この前08WARPから外した160mmローターがあるので、これをリヤに使います。
キャリパーは、02WARPから外したHAYES HMX-1があるのですが、ちょっと状態がイマイチなので要オーバーホールなのと、パッドは新品に替えたいので、新しくキャリパーを買った方が安上がりかも。
アダプターも無いしね。

20090219-3.jpg

駆動系は、フロントディレーラー(以下FD)とシフター、リヤカセットとチェーンがあります。全て、新品です。

チェーン(SRAM PC-991)とカセット(SRAM PG-980 11-34T)は、02WARPを9S化しようかなと思って調達した物です。

シフター(SRAM 5.0)とFD(SRAM 5.0)は02WARPのレストア時に入手した物です。
シフターは、02WARPのリヤディレーラーとセットで入手しました。9S用です。
02ACidの純正シフターの9S版なので、見た目的に変わらないのもGOODかと。
02WARPがグリップシフトなので、02ACidはSRAMのトリガーシフトにとも思ったのですが、費用が掛かるので、とりあえずはグリップシフトのままで行こうかと。

FDは購入したものの、02WARPに使えなかったのですが、02ACidはロークランプタイプのFDでないと付かなさそうなので、コレが使えそうです。
と、思っていたのですが、どうも02ACidのFD取り付け部の径はΦ34.9みたい(ACid-3のスペック表より)で、このFDの取り付けバンド径はΦ31.8なので、使えなさそうorz

FDを新たに購入しなけりゃならないなら、思い切ってトリガーシフトにしようかな。

と、いろいろ考えているのは楽しいですね。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

02ACidの方向性

先日、2002年モデルのGIANT ACid-2がうちに来た事を書きましたが、程度があまり良くないので、全バラして使えないパーツは交換して組み直す必要が有ります。

02WARPの時にも、同じようなタイトルで書きましたが、ノーマルでレストアするのか、パーツ交換ついでにアップグレードするか、どっちにしようか考えました。

20090218-1.jpg

02モデルのACidシリーズのトップグレードはACid-1ですが、このモデルは実はコンポやフロントサス、ホイールなどフレーム以外の部分は、ほとんど同じ02モデルのWARP DS-1と同じパーツを使用しています。

ですので、うちの02WARPからパーツを移植すれば、ACid-1と同等にすることができます。

08WARPの前後サスペンションをアップグレードしたので、キャラが被ってる02WARPで山に行く事も少なくなりそうなので、いっその事キャラの異なるACidにパーツを移植してしまおうかなと思ったのですが、あらためて02WARPを眺めてみると、全バラしてレストアしただけ有って非常にきれいで、バラしてしまうのは勿体無いと思いました。

02WARPからのパーツ移植はやめて、レストアする事にします。

02WARPレストアの時には、極力ノーマル状態でのレストアを目指したのですが、純正と同じパーツを入手するためにあちこちのショップ(主として海外から)からパーツを購入したため、パーツの価格は年式落ちなので安かったのですが送料が結構掛かって、思いの外高くつきました。

今回は、あまりノーマル状態にはこだわらずにレストアしようと思います。
ノーマルはブレーキがVブレーキなのですが、ディスク化したいので、ホイールも交換する事になりますし、フロントギヤもシングルギヤでは使い勝手が悪いので、変速可能にしようと思います。
ただ、極力ノーマルの雰囲気を崩さないようにしていこうかとは思ってます。

まだ、具体的にどんなパーツにするかは決めていませんが、純正パーツをそのまま使用するのはフレームとフロントサスフォークくらいになりそうです。

最後になりましたが、今後当ブログでこの02モデルのACid-2は、02ACidと呼ぶ事にします。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

雪降った~

一昨日、暖かくて雪が降らないって書きましたが、今朝は少しですが雪が積もっていました。

20090217-1.jpg

昨日の天気予報では、山間部は降雪の可能性があるような予報でしたが、平野部で降るとは思っていませんでしたので、朝起きてちょっとビックリ。

画像はうちの庭で、午前8時頃です。
降雪量も少なく、この時間には日陰以外はほとんど融けてしまっていたので、交通への影響も有りませんでした。

でも、今日は1日中気温が上がらず寒かったです。
夕方、帰宅する時にはまたチラチラと雪が舞ってました。

雪の上をMTBで走ってみたいので、ドカッと積もってくれないかなぁ。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 日記    ジャンル : 日記

ACid-2

昨日ちょこっと書きました3台目のMTB、GIANT ACid-2の詳細です。

20090216-1.jpg

中古で入手しました、2002年モデルのACid-2です。
2002年モデルのACidシリーズは1~3があり、1が最上級グレードで、今回うちに来た2はその下になります。

ACidシリーズについては、またそのうちに詳しく書こうと思いますので、今日は現車の状態等を紹介します。

基本的には、ノーマル状態で、改造等はされていない模様です。

20090216-2.jpg

駆動系もノーマルで、フロントはシングルギヤで、チェーンデバイスも付いています。
ディレーラーも取り付け可能なので、02WARPのようにフロントも変速可能にした方が、使い勝手はよくなるかと思います。

20090216-3.jpg

屋外保管だったのか、グリップ等のゴム類はボロボロで、要交換です。

20090216-4.jpg

コラムに打ち込まれているスターナットは破損してしまってます。
フロントサスは機能的に問題無さそうなので、壊れたスターナットを除去して、新しく打ち込む必要があります。

20090216-5.jpg

あと、あちこち錆びてしまっています。
ボルト類は、新品に交換すればいいですが、サドルのクランプ部がサビサビなので、これをどうするか。
シートチューブの形状が特殊で、非常に後傾しているため、シートポストを交換するにも制約がかなりありそうです。

こんな感じで、あんまり程度は良くないですが、乗れるようにレストアしたいと思います。

02WARPの時のようにノーマル状態でレストアするか、それとも部品交換ついでにアップグレードするかまだ決めていませんが、のんびりやって行こうかと思っています。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

3台目がやってきた

昨日・今日と非常に暖かくて、2月とは思えません。
昨年の1・2月は、毎週末雪が降って積もっていたのですが、今年は全然。
このまま、春になってくれると過ごし易くていいのですが。
お天気は良かったものの、昨日書きました通り、今日は用事が有ったので、山には行けませんでした。残念~。

でも、良い事(?)も有りました。

3台目のMTBがやってきました。

20090215-1.jpg

2002年モデルのGIANT ACid-2です。
もちろん中古です。
結構あちこちボロボロなので、直さないと乗れませんが、また一つ楽しみが出来ました。

今日は、非常に眠いので、詳しくは明日以降に書きます。
おやすみなさい~ノシ

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

フロントブレーキ203mm化

昨日の続きみたいなものですが、08WARPのフロントブレーキを160mm→203mmにします。

ディスクローターとアダプターを交換して調整するだけなので、それほど手間は掛かりませんので、サクッと作業しちゃおうと思います。

20090214-1.jpg

まずは、ディスクを交換しますが、160mmと203mmのディスクではコレだけ大きさに差が有ります。
単体で見ているとあんまり大きさの違いはピンと来ませんが、並べてみると結構違いますね。

20090214-2.jpg

203mmのディスクに交換しました。
交換前後で、ホイールを持った感じではそれほど重くなった様には感じません。
まぁ、確実に重くなってはいるんですが。

20090214-3.jpg

アダプターを交換します。
今回使用するアダプターはAVID純正ですが、今までの160mm用のように削り出しタイプではありません。
ホイールを付けてから調整するので、キャリパーは仮締めです。

20090214-4.jpg

ディスクを交換したホイールを取り付け、ブレーキの調整を行います。
今回は、ワイヤーは外していないので、ワイヤーの調整は不要です。
左右の調整ダイヤルを回してキャリパーの位置を決めて、キャリパーを本締めして固定したら、調整ダイヤルで引きずりが無いように調整して完成です。

明日は仕事は休みですが、用事があるので山には行けなさそうですので、山で試すのは先になりそうです。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

フロントブレーキを大径化しようかな

最近、H山の下りにも慣れてきて、下るスピードが以前より速くなったせいか、もう少し08WARPのブレーキの効きを良くしたいと思います。

正確に言うと、レバーを強く握れば効くので、効き自体には問題無いとも言えるのですが、手が疲れてしまいます。
要は、軽く握って必要な制動力を得たいと。

そうなると、油圧化するのが一番いいのですが、費用的な問題が有りますので、とりあえず今の機械式ディスクのままで、ディスクを大径化するのが手っ取り早いかなと。

ディスクを大径化すると、重くなるのと、コントロール性が悪くなると言われています。
もう一台の02WARPはフロント203mmの機械式ディスクですが、コントロール性はそんなに悪くないと思いますので、この点は問題無いかなと思います。
重さは、まぁ仕方ないので目を瞑る事にします。

20090213-1.jpg

実は、既にΦ203mmディスクと、フロント203mm用マウントアダプターを持ってたりします。

08WARPをディスク化して間もない頃に、何となく大径化しようかなと思って入手していたのですが、当時使っていた純正フロントサスフォーク(SR SUNTOUR XCM)が、185mmディスクまでしか対応していなかった(203mmディスクを手に入れてから知った)ので、装着せずに眠っていた物です。

必要なパーツが手元に有るので、とりあえず203mmディスク化してみようと思います。
これで不満が出るようなら、油圧ディスク化を検討します。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

その他感想など

昨日のH山の記事は、主に上りのタイム短縮について書きましたので、今日はその他の事について書きたいと思います。

20090212-1.jpg

まず、690mm→660mmに短くカットしたハンドルバーですが、上り・下り両方で非常にいい感じでした。
タイトターンでの取り回しもし易くなりました。しばらくはこの長さで行こうかと思います。

ハンドルバーカットのついでに交換したグリップですが、これもよく手に馴染んでくれて、交換して正解だったかと。
02WARPで使っていい感じだったので、ある程度は予想は出来ていたのですが、ヤスリ目パターンのグリップは食い付きが良くて、滑り難くて手に馴染んでくれますね。

20090212-2.jpg

あと、リヤショックのエア圧を、前回走行時より20PSI程下げました。もちろんサグはちゃんと出ています。
前回走行時より少し動くようになって、段差でのショック吸収性も良くなり、リヤタイヤのグリップも少し良くなった様に感じました。
リヤが安定していましたので、走りやすくなりました。しばらくコレで走り込もうと思います。

20090212-3.jpg

ちょっと悩んでいるのが、グローブです。
画像左のウインターグローブも、使い始めの頃はあまり蒸れずに問題無かったのですが、H山の上りを登山口から頂上まで上り切れるようになったら、さすがに蒸れて暑く感じるようになりました。
そこで、画像右のサマーグローブを使ってみたのですが、上りでは蒸れずにいいのですが、さすがに下りはメッシュタイプのグローブでは指が冷たくなりました。

ですので、上りではサマーグローブ、下りではウインターグローブと使い分けていますが、当然ウインターグローブを携行して上らなくてはならず、バックパックの中で結構嵩張るんですよね。
あと、ウインターグローブの掌側に入っているGELパッドがやっぱり馴染めません。
GELパッドは好きではない事は前に書きましたが、そのうち慣れるかと思っていたのですが、未だに違和感があります。

メッシュになっていなくて、GELパッドの付いていないグローブを買おうかどうしようか悩んでいます。
薄手のウインターグローブって有るのかな?

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

上りのタイム短縮

今日も、仕事が休みだったのでH山に行ってきました。

上りのタイム短縮が目標ですので、意識して上ることにしました。
前回までは、途中の平坦な区間で一息つくような感じで軽く流していたのですが、ここをそれなりのスピードで抜ければタイム短縮に繋がるのではと思います。
後は、それほどきつくない上りのところで頑張ってみることにします。
きつい上りの区間は、まぁそれなりに頑張ります。

20090211-1.jpg


で、頑張って上った結果、タイムは

27分54秒!

前回が31分48秒でしたので、約4分短縮できました。
上り以外の平坦区間もそんなに飛ばしたわけではない(そもそも平坦区間もそんなに長くない)ので、上りで頑張った成果が出たかな?
でも、結構しんどかった~。
ちなみに、H山の上り登山道の距離は、サイコン計測で約3.5kmです。

少し休憩して下りました。今日も前回と同じルートを下ります。
最近連続して同じルートを走っているので、上り・下りとも順調に走れます。
一箇所だけライン取りをミスって、コケそうになって足を着いてしまいましたが、それ以外は問題無く走り切りました。

20090211-2.jpg

前回走ってから時間があまり経ってないので、倒木とかほとんどそのままでしたが、麓近くの竹は片付けられていました。

このトレイルは上手く走れるようになりましたので、次回からは別のルートを走ろうかと思います。


にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

ハンドルバーのカット完了

昨日、作業途中で中断しました、ハンドルバーのカット作業の続きです。

20090210-1.jpg

今回は、片側15mmづつカットします。
ソーガイドを使って、金ノコでカットしていきますが、今回は部屋の中で作業しているので、切粉が飛び散らないように、ビニール袋で受けて作業しました。念のため、下にも新聞紙を広げて敷いておきました。

20090210-2.jpg

カット完了。ヤスリ等で、切り口周辺のバリを除去しておきます。

20090210-3.jpg

ついでに、グリップも交換しました。
今まで使っていた物でも問題無いのですが、02WARPをレストアした時に余ったグリップが有ったので、交換してみました。

カット後に、08WARPに跨ってみた感じでは、片側15mm短くなっただけですが、かなりコンパクトになった印象を受けました。これなら、トレイルでの取り回しも良くなりそうです。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

ハンドルバーをカット・・・・・しようと思ったら

08WARPに組んでいるハンドルバーは幅690mmなんですが、自分にはちょっと幅が広いと感じるのと、トレイルで木にぶつけそうになったり、タイトターンでの取り回しがしにくいので、カットする事にしました。

どれくらいカットするかですが、02WARPのハンドルバーが幅640mmで結構いい感じなので、片側25mmづつカットして幅640mmにしてもいいのですが、カットしすぎると元には戻せないので、ちょっと控えめに片側15mmづつカットして幅660mmにします。

20090209-1.jpg

カットする量も決まったので、ソーガイドを所定の位置にセットして、さてカットするかと思っていたら嫁さんが来て、「子供達を風呂に入れてやってほしい」と。
いつもは嫁さんが子供達と風呂に入っているのですが、風邪をひいたのか嫁さんの体調が思わしくないとの事で、私に役目が回ってきましたorz

仕方ないので、子供達と風呂に入ってきましたが、風呂に入った後でハンドルバーをギコギコとカットする気にもならないので、続きは明日やります。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

リヤショックの感想など

08WARPのリヤショックを交換しましたが、昨日H山で乗ってみた感想などを書きたいと思います。
とは言っても、走るのに一生懸命で細かな事まではまだ感じ取れていないのが正直なところですが。

まず上りですが、純正のリヤショックがあまり動いていなかったので、上りでのペダリングロスはそれほど感じていなかったので、あまり違いは分からないです。
ただ、下りで純正ショックよりも動いているのに、上りでペダリングロスを感じないので、ペダリング時の微動を制御できるフラッドゲート調整が効いているのかなとは思います。

下りでは、前述のように純正ショックより動いてくれているようで、フロントサスを交換した時と同様、段差を下りた時に「ドスン!」という感じだったのが、「ストン」という感じで衝撃が減りました。
あと、いつも必ずリヤがズルッと滑って軽くカウンターを当てて抜けていた所が有ったのですが、今回はそこで滑らなかった事。
リヤショックがしっかり動いてくれているので、タイヤがグリップを失わず、滑らなくなったのだと思います。

20090208-1.jpg

リヤショックを交換して、純正よりは動くようになりましたが、画像のようにまだ総ストローク量の半分くらいしか動いていません。
もう少しエア圧を下げて(もちろんサグが標準値から外れない範囲でですが)、動くようにしてもいいのかなと思います。

ちなみに、今回H山に行く前にチェーンの長さを短くしましたが、そのおかげかリヤショックが動くようになって衝撃が減ったせいかは分かりませんが、チェーンの暴れは減りました。チェーンが外れる事も今回は有りませんでした。

前後とも、純正よりサスペンションの調整項目が増えたので、もっと走りこんで調整を詰めていこうかと思ってます。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

本日のH山ライド

今日は、このブログではおなじみのH山に行ってきました。

数日前に雨が結構激しく降ったためか、上りの登山道に水が流れた跡が多数有って、路面が結構荒れていて、少々走り辛かったです。

20090207-1.jpg

それでも、頑張って上って、タイムは31分48秒。
数字だけ見ると、前回より1分少々タイムが落ちていますが、前回はトラブルの対処で2回途中で停まっていたのに対し、今回は登山口から頂上まで一度も停まらずに上ってのタイムですので、体力的には今回の方がキツイので、妥当なタイムかと。
でも、今回の方が上り切った後の疲れは少なかったです。もう少し頑張って、タイム短縮しないと。

少し休憩した後、下ろうかと思いWARPに跨って漕ぎ出そうとした時に、反対側からMTBに乗った方が現れました。
少しお話しましたが、これから私が下ろうとしている側を上ってきたそうで、ルートは詳しく聞きませんでしたが、さすがにほとんど押して上ってきたとの事でした。
まさか、上ってくる方が居るとは思わなかったので、ちょっとビックリしました。

で、いつものトレイルを下ります。

20090207-2.jpg

今日は、上り返しも頑張って上るぞ~っと気合を入れて走り始めたのですが、上り返しの直前に倒木が・・・・・。コレでは上れません。
上手い方なら、コレくらい飛び越えちゃうんでしょうけど、私には無理。
自然に倒れた倒木ではなく間伐したもののようですので、木に傷を付けてもいけないので、無理せずに担いで越えました。
で、試しにそこから上り返しにチャレンジしたら、なんと上り切れました。また一つ課題がクリアできました。

その先の下りも、リヤサス交換の効果か?今日は調子よく走れて、倒木とかのある箇所以外は乗ってクリアできました。
今まで曲がりきれなかったタイトコーナーも、手前で思いっきり減速して止まりそうなスピードでクリアしました。
ただ、あちこちで間伐していて、刈り払った枝とかが落ちていて、かなり走り辛かったです。

20090207-3.jpg

麓まで下りてきたら、竹が倒れてきていて、完全に道を塞いでいました。
この竹、実は前回来た時にもあったのですが、前回よりも倒れてきていました。
正直言うと、切ったのなら放置せずに片付けて欲しいなぁと思いますが、普段ほとんど人が通らない道ですし、走らせて貰っているのだから文句言うつもりも有りませんが。

今日は、倒木(倒竹?)に悩まされたH山ライドでした。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

音の原因

前回H山に行った時に、上りで微かに「キッキッ」と音がしていたのですが、その時に調べても音の原因が分からなかったので、そのままにしていたのですが、その後じっくり調べてみたところ原因が分かりました。

20090206-1.jpg

原因は、リヤブレーキのようです。
ブレーキパッドとブレーキディスクがほんの少し接触する時があるみたいで、リヤブレーキを軽~く掛けてパッドとディスクが少し当たるくらいにした時に同じ音がでたので、間違いないようです。
ホイールの回転に同調して音が出るわけではなかったので、ブレーキだとは思いませんでした。
振動で、微妙にパッドが動くのか、当たる時と当たらない時が有るみたいです。

前後とも、ブレーキの調整をやり直しておきましたので、これで様子を見てみます。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

リヤのサグ調整

08WARPのリヤショックを交換しましたので、サグ調整をします。

タイトルにはリヤのサグ調整と書きましたが、今までの純正リヤショックは、私の体重とスプリングレートが合っていなかったので1G'ではほとんど動いていなかったのですが、その状態でフロントのサグ調整をしてあるので、リヤのサグが変化するとフロントにも影響しますので、フロントのサグ調整も同時にやり直します。

とりあえず、標準エア圧を掛けて、そこから調整していきますが、monarchのオーナーズマニュアルのサグ調整の項には、「乗り手の体重と同量の空気圧をエアチャンバーにかけます(psiからkgへ)」と書かれていますが、なんのこっちゃ?特に()内の記述が意味不明です。
英語の記述も読んでみましたが、日本語訳と同じ事しか書いて有りません。

私の体重は55kgくらいですが、55kg/cm2のエア圧なんて掛けられる訳無いので、とりあえずエア圧を55psiにして跨ってみましたが、サグがかなり多過ぎです。

ショックボディに表示されているサグ値の15~25%の所に、トラベル量インジケーターOリングが来るように、エア圧を調整します。

20090205-1.jpg

エア圧を調整しては跨ってを繰り返し、サグ値表示の20%になるようにしました。

リヤが1G'で動くようになったので、荷重分布が若干リヤ寄りになったのか、フロントのサグが減ったので、フロントサスのエア圧を少し下げました。

これで、サグ調整は完了です。
リバウンドとフラッドゲートの調整は、実際に走って行います。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

フロントディレーラー再調整

さっき風呂に入っていたのですが、浴槽の中で湯に浸かったまま居眠りしてました。
ちょっと、疲れが溜まってるようです。

20090204-1.jpg

今日は、先日H山に行った時にズレてしまった08WARPのフロントディレーラー(以下FD)の再調整を行いました。

FDが下にズレてしまい、ガイドプレートの下端とスイングアームが干渉してしまっていたので、とりあえずその場で応急処置したままでした。

FDの取り付け位置を直して、今回はクランプボルトをしっかり締めました。いや、前回もしっかり締めたつもりだったんですけどね。
後は、ワイヤーを張り直し、アジャストボルトで微調整して完了です。

山に行ってから不具合が出ないように、ミドルギヤにシフトしてワイヤーを引いた状態でしばらく置いて、位置がズレないかきっちり確認する事にします。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

チェーンの長さ調整

H山の下りを走っている時に、段差を下りたりするとチェーンが暴れてカチャカチャうるさいのと、先日走りに行った時にはチェーンが外れてしまいました。

チェーンデバイスを付ければ、チェーンの外れは防げるかもしれないのですが、とりあえずお手軽な方法で、チェーンの長さを調整(短く)して対処してみます。

08WARPは、フロント2枚ギヤにしましたが、チェーンの長さは元のままです。
リヤカセットを11-30Tから11-32Tに変更しているので、若干短めにはなっていますが、まだ適正よりは長いと思いますので、フロント2枚ギヤでの適正長さに調整します。

20090203-1.jpg

チェーンの長さ調整は、02WARPのレストア作業の時も書きましたが、今回も簡単に書いておきます。
リヤサス車の場合は、リヤサスがストロークするとチェーンが引っ張られますので、チェーンの適正な長さを割り出すには、リヤサスをフルストロークさせた状態で行います。

エアサスの場合は、エアを抜いてエアバルブコアを外しておくとストロークさせやすくなると思います。
フルストロークさせた状態で、ベルト等で固定します。

チェーンはリヤディレーラー(以下RD)のケージを通さずに、前後共最大径のギヤに掛けます。
その状態でチェーンをピンと張って2リンク分ダブる長さが適正長です。

20090203-2.jpg

余分は切っておきます。今回は、2リンク詰める事ができました。

RDのケージ部に忘れずにチェーンを通し、接続します。
私は、チェーンの接続にミッシングリンクを使っているので、こういう作業の時は楽です。

20090203-3.jpg

作業完了です。
作業前の画像が無いので、どれくらい変化したかは分からないと思いますが。

RDのスプリングがあまり強くないので、チェーンを短くしただけでどれくらい効果があるかは分かりませんが、今度H山に行った時に様子を見てみます。

またチェーンが暴れて外れるようなら、チェーンデバイス導入も検討しないと。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。


テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

リヤショック交換の下準備のはずが・・・・・

08WARPのフロントサスに続いて、今度はリヤショックを交換しようと思います。

20090202-1.jpg

今回交換するリヤショックは、ROCKSHOXmonarch 3.1です。
フロント同様エアサスで、エア圧調整およびリバウンド調整に加え、ペダリング時の動きを軽減するためのフラッドゲート調整が付いています。

フロントサスにTORA 302 SoloAirを使用している場合、ROCKSHOX推奨のリヤショックはARIOかBARなのですが、BARは最上グレードの2.1でもエア圧とリバウンド調整しか付いておらず、ARIOにはロックアウト付きの設定はあるものの、WARPに適合するサイズ(7.5×2.0)が、私が購入しようとしていたショップ(Chain Reaction Cycles)に在庫が無かったので、monarchにしました。

monarchも2.1はエア圧とリバウンド調整しかできないので、ペダリングロスを軽減できる機構を備えた3.1にしました。

20090202-2.jpg

リヤショックには取り付けに必要なレデューサーは付属してきませんので、別途購入する必要が有ります。
ROCKSHOXのリヤショックの場合、DUブッシュの内径がmonarch・VIVIDは12.7mm、BAR・ARIO・MC3・Pearl は12mmで、サイズが異なりますので注意が必要です。
12.7mmのレデューサーは、画像のように3ピース構造になっています。
FOXも最近は、3ピース構造みたいですので、最近のトレンドなんですかねぇ。

レデューサーのサイズ(幅)ですが、WARPに適合するピッタリの物はありませんので、近い寸法の物を購入して加工する必要があります。

今度の休みに旋盤で加工するつもりですので、寸法を測っておこうと思い、純正リヤショックをフレームから取り外しました。
そして、何気なくアイレット部の幅を測ってみたら、純正とmonarchで同じ寸法でした。
もしやと思い、レデューサーを純正ショックから取り外し、DUブッシュに嵌る部分の寸法を測ってみたら、12.7mmでした。

20090202-3.jpg

そんなわけで、純正レデューサーがサイズピッタリでした。

20090202-4.jpg

今日は、レデューサーの寸法取りのつもりだったのが、リヤショック交換完了になってしまいました。
おかげで、今度の休みにレデューサー加工作業をしなくてよくなったので、山に走りに行けそうです。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

サスペンションポンプ

08WARPのフロントサスを、純正のコイルサスからエアサスに替えた事は既に書いていますが、フロントサスにサスペンションポンプが付属してこなかったので、別途サスペンションポンプを購入しました。

フロントサスを購入したのは、お馴染みのChain Reaction Cycles(以下CRC)ですが、ROCKSHOXの箱ではなくCRCの箱に入って届きました。

CRCは、フロントサスに限らずコンポ類でも、メーカーの箱に入っていなくてビニール袋に商品本体と説明書が入った状態で送られてくる事が、結構有ります。
わざわざCRCで箱から出してビニール袋に入れ替えているのか、それともパソコンパーツのバルク品みたいに、完成車組付け用の物を単品販売しているのか分かりませんが、まぁ自分で使うんだから箱なんて要らないし、安いからいいんですけど。

話が少し横道にそれましたが、サスペンションポンプが無いと、調整が出来ないので購入しました。

20090201-1.jpg

購入したのは、TOPEAKポケットショック DXGです。
山に走りに行く時に持って行くので、専用のケースも購入しました。

フロントサスに付属して来なかったので購入したとは書きましたが、山に持って行くつもりだったので、少しでも小型で軽い方がいいので、付属してきていても購入するつもりではいたのですが。

20090201-2.jpg

ちなみに、ROCKSHOX純正のサスペンションポンプ(後にリヤショックを購入したら付いて来た物です)と比較すると、こんな感じです。
それほど極端に大きさは違いませんが、純正ポンプはゲージが横に付いているので、少々嵩張ります。

大きさ以外にも、ポケットショックDXGの良いところは、バルブへの接続が2段階に分けて行われるようになっているので、脱着時のエア漏れが無い事です。

20090201-3.jpg

まずは、口金をバルブに接続します。

20090201-4.jpg

その後、もう一つのノブを回してバルブを開きます。
外す時は逆の手順で行います。

エアサスって高圧で容量が少なくて、少し抜けただけでも圧が変わってしまうので、このポンプの口金は良く出来ていていいと思います。ちょっと脱着が面倒くさいですけど。

一つ気になったのが、本体側面に付いているエア抜きボタンです。
なぜか奥まで押し込むとエアが抜けずに、半押し状態で無いとエアが抜けません。
慣れればどうという事はないですが、なんでこんな仕様になっているのか分かりません。

20090201-5.jpg

これまた余談ですが、一緒に購入した専用ケースの縫製がおかしいところがありました。

メーカーの製造上の不具合だと思われるので購入店に言えば良品と交換してもらえると思いますが、1,000円もしなかったものなので、いちいちイギリスまで送り返すのも面倒だし、ケースとして使うには支障無いので、交換を申し出ずにそのまま使っていますが。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用


プロフィール

mizuki

Author:mizuki
いじるのも乗るのも大好きな私の、自転車趣味の泥沼にどっぷりはまった日々のブログです。

FC2カウンター
ショッピング




為替レート
天気予報
最近のトラックバック
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
ブロとも一覧
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。