自転車泥沼生活

 
5
19
09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイヤ届かねぇ~

おフランスのショップに、02WARPのタイヤ(KENDA KOLOSSAL 24×2.6)を発注してから半月程経ちますが、未だ届かないどころか音沙汰無しです。

と、書いていたら、メールが来ました。
どうも、在庫無しで、発送できないとの事のようですorz

純正と同じタイヤは諦めて、国内のショップで代わりのタイヤを買うことにします。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

スポンサーサイト

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

リム磨き

02WARPのホイール整備ですが、まずはきれいにすることから始めます。

20080929-1.jpg

リムの表面に、アルミ特有の白い点錆がポツポツと出ています(拡大画像の方でないと分かり難いかと思います)。

20080929-2.jpg

根気よく磨くと、きれいにはなるのですが、かなり時間も掛かります。
まぁ、地道にやるしかないのですが。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

ホイール分解

タイヤを取り外した02WARPのホイールを分解します。
とは言っても、ホイール自体をバラバラにするのでは無く、ホイールに組みつけてあるパーツを取り外すだけですが。

20080928-1.jpg

ブレーキディスク、カセット等を取り外した前後ホイールです。
この後、清掃およびハブのグリスアップ等を行います。

20080928-2.jpg

取り外したパーツです。
カセット以外は、再使用するので、ホイール本体の整備が終わるまで、ビニール袋に入れて保管しておきます。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

タイヤ取り外し

02WARPのホイールからタイヤを外します。
まぁ、何てことない作業ですが。

ビードが硬いため、樹脂製のタイヤレバーでは少々外し辛かったです。
このタイヤは、ワイヤービードですが、同じワイヤービードでも、08WARP純正タイヤはそれほど苦労しなかったので、一応ダウンヒル向けのタイヤのためビードが硬いからだろうと思います。
樹脂製のタイヤレバーより、アルミとかの金属製のタイヤレバーの方が外しやすいかも。

20080927-1.jpg

まぁ、それでもタイヤレバーを使って、コレくらいまでビードを外せば、

20080927-2.jpg

後は、手で引っ張り出して外せました。
チューブレスタイヤとかだと、もっと苦労するかもしれません。

20080927-3.jpg

そんなこんなで、タイヤの取り外し完了!

20080927-4.jpg

ちなみに、前後ともチューブはバルブの根元が裂けていました。
これでは、エア入れてもすぐに抜けちゃうハズですわ。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

リヤショック暫定処置

02WARPのリヤショックですが、新しく入手したリヤショックが取り付けできなかったので、元々付いていた物を暫定使用する事にしました。

20080926-1.jpg

ロッド部が錆びているので、そのままではシールを傷付けてしまいます。
そこで、錆を落とし、目の細かな耐水ペーパーで軽く研磨して、可能な限り凹凸を無くしました。
かなり平滑になったので、しばらくはこれで行けそうです。

20080926-2.jpg

リヤショックを組み立て、フレームに取り付けます。
今度は仮付けではなく、きちんと本締めして取り付けます。

これで使ってみて、シールに傷が入ってオイル漏れとか起こしたら、社外品のショックも含め交換を検討する事にします。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

クランク取り付け

BBを組み付けたので、次はクランクです。

20080925-1.jpg

02WARPを入手した時に組まれていたクランクです。
ShimanoのFC-MC20-Lで、ALIVIOグレードのクランクセットです。
これでも特に問題は無いのですが、今回は可能な限りノーマルの状態に戻すのがテーマ(?)ですので、交換してしまいます。

20080925-2.jpg

今回取り付けるクランクです。
TRUVATIVのFIVE-Dです。
02WARP DS-1に純正で組まれているのと同じクランクです。
本来はフロントギヤは42Tシングルなのですが、純正と同じチェーンデバイスが手に入らないのと、上りの事も考え、今回は3S(22-32-42T)で組みます。

ちなみに、クランクは中古品(ペダル取り付け部以外は傷も無く、程度は極上です)、チェーンホイールは、完成車外しの未走行品です。別々に入手した物を、組み合わせました。

20080925-3.jpg

BBのテーパー軸部にグリスを塗って、クランクを取り付けます。
取り付けたら、スムーズに回転するか確認しておきます。

チェーン付いてないので、当然ですが激軽に回転します。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

BB組み直し

スペーサーを調達出来たので、02WARPのBBを組み直します。

20080924-1.jpg

先日組み付けたBBを一度取り外し、BBの右アダプターとフレーム(BBシェル)の間にスペーサーを入れて、組み直しました。

フレームとBBのアダプターが黒色で、スペーサーがアルミ地のままだと目立つので、スペーサーを黒く塗装しておきました。

20080924-2.jpg

左アダプターの出っ張り具合も、スペーサー無しの時に比べ、良い感じに収まりました。
ツライチよりは少し出てますが、シェル幅73mmのフレームに組んだ時に、ツライチになるように作られていると思うので、シェル幅68mm+スペーサーだとこんなものでしょう。

ようやくBBの組み付けが完了したので、先に進む事が出来ます。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

BBスペーサー

02WARPのBBネタが続きますが、68/68E/73mm兼用のBBを、シェル幅68mmの02WARPに取り付けるために、スペーサーを用意する事にしました。

20080923-1.jpg

何mm厚のスペーサーを用意するかですが、73mm-68mm=5mmで、片側ですので半分の2.5mmでいいと思います。
68mm専用のBB(画像右)と68/68E/73mm兼用のBB(画像左)を並べて比べてみても、右アダプターのフランジ部の厚みが異なっているのですが、約2.5mmの差です。

ちなみに、この68mm専用のBBは、シャフト形状がスクエアテーパーではなく、パワースプラインなので、今回使うクランクの関係で、02WARPには組めないんですよね~、残念。

20080923-2.jpg

というわけで、2.5mmのスペーサーを調達しました。
シマノ製ですが、BBネジ部の寸法は各社共通(当たり前ですが)のため、TRUVATIV製のBBにも使えます。

20080923-3.jpg

スペーサーをBBに組んでみましたが、68mm専用のBBとほぼ同じになりました。
これで、BBの寸法の問題は解決できそうです。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

同じやんか~

02WARP用の、シェル幅68mm専用のBBを新たに発注していたのが届きました。

20080922-1.jpg

箱のラベルに68×113mmと書かれています。これなら大丈夫。

20080922-2.jpg

と思いきや、隣に貼られたラベルに68E/73の文字が・・・・・。

20080922-3.jpg

中身出して確認したら、前回取り寄せたのと同じ、68/68E/73mm兼用のBBでしたorz

ネット通販で取り寄せたのですが、注文画面では68×113mmと書かれていたので、大丈夫だと思ってたんだけどねぇ。
たぶん、もうTRUVATIVからは、この68/68E/73mm兼用の物しか出荷されないんでしょうね。
3タイプ兼用の物が有るのなら、別に専用品を作る必要も無いしね。

シェル幅68mm専用のBBは諦めて、スペーサー用意した方が良さそうですね。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

いまごろ気が付いた・・・・・

08WARPのリヤカセットは8Sなんですが、ずっと11-32Tだと思っていました。

20080921-1.jpg

上りで、インナー×ローでもしんどい時が有るので、9S化するときには、11-34Tにしようかな、などと思っていました。

で、先日クランク&BBを外した時に、何気なくローギヤの刻印を見たら、

30Tだったw

8Sのままでも、ローギヤ32Tのセットにしたら、ちょっとは上りが楽になるのかな?あんまり変わらんか?

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

さらばパキパキ音

08WARPで、強くペダルを踏み込むとパキパキと音がすると以前書きましたが、BBかクランクあたりが音の原因ではないかと思うので、一度バラして組み直してみる事にしました。

20080920-1.jpg


取り外したBBです。
RPM BB-7420と刻印があります。ネットで調べてみましたが、スギノ製のBBのようです。
BBのネジ部には、グリスが塗ってありましたが、クランクと接する軸の部分には全く塗ってありませんでした。

20080920-2.jpg


BBのネジ部にしっかりグリスを塗って、トルクレンチを使って指定トルクで締め付けました。

20080920-3.jpg


軸部(テーパー部)にもグリスを塗って、クランクを組み付けました。
取り外したついで(?)に、チェーンリングについていたガードを外しました。

早速試乗してみましたが、強くペダルを踏み込んでも、パキパキ音はしなくなりました。
やはり、異音の原因はBB&クランクだったようです。一度に両方組み直したので、どちらかは分かりませんけど。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

フロントフォーク組み付け

先日フォークオイルを交換したフロントフォークを、フレームに組み付けます。

20080918-1.jpg

画像では分かり難いと思いますが、クラウン部に白い点錆が出ているので、フレームに組み付ける前に磨いておこうかと思います。

20080918-2.jpg

メタルポリッシュ剤をウエスにつけて軽く磨いたところ、点錆は落ちましたが少々ピカピカになり過ぎてしまいました。

20080918-3.jpg

では、フレームに組み付けます。
下玉押しとヘッドパーツにグリスを塗ります。錆防止のため、コラムシャフトにも薄くグリスを塗っておきました。

20080918-4.jpg

両手使って作業していたので、途中の画像は有りませんが、フロントフォーク組み付け完了です。
フロントタイヤ付けてから、ステムの向きを調整するので、各部のボルトはまだ仮締めです。

少し自転車らしい形になってきました。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

リヤショック取り付・・・・・かない?

スプリングを組み替えたリヤショックを、02WARPに取り付けます。

20080917-1.jpg

取り付けるハズだったんですが、前側(フレーム側)のボルト穴が微妙に合いません。
フレームと干渉していて、これ以上、下に下がりません。
WARP純正ショックなのに、何で?

20080917-2.jpg

2つのリヤショックを比べてみました。
左が元々付いていたリヤショック。右が今回取り付けようとしたリヤショックです。
新しく付けようとしたショックのほうが、少し外径が大きいです。

スプリングを組み替える時に、レデューサー(DUブッシュ径)の大きさが違うのに気が付いた事は、昨日書きましたが、それらだけではなく、周囲の大きさも一回り異なっていて、フレームと干渉してしまいます。

いろいろ調べて分かったのですが、00~02モデルのWARPのリヤショックは、アイレット間の寸法が165mmなので共通だと思っていたのですが、00~01と02モデルではリヤショックは微妙に異なる物のようです。
02モデルは、リヤホイールトラベルが変えられる(4インチと5インチ?)ようになって、それに伴いフレーム側のショックマウントが若干変更になって(若干ダウンチューブ側寄りにマウント位置が変更された)、リヤショックの寸法も変更されたようです。

20080917-3.jpg

そのままでは、新しく用意したリヤショックは取り付けできないので、何か良い方法を考える事として、とりあえず元々付いていたリヤショックを組み上げ(スプリング組み替えの時にバラしたままでした)仮付けしました。

自転車1台組み上げるだけでも、いろいろありますねぇ~。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

リヤショック

スイングアームをフレームに取り付けましたので、続いてはリヤショックです。

20080916-1.jpg

02WARPに元々組まれていたリヤショックですが、ロッドが錆びているため、このまま使用するとシールに傷が入ってしまい、ガス&オイルが抜けてしまいます。
錆を落としても、凸凹は消えないので、このショックは使えません。社外のショックならオーバーホールに出してロッドを交換する事も可能ですが、GIANT純正なのでオーバーホールは不可だと思います。

20080916-2.jpg

そこで、別のリヤショックを入手しました。
WARP純正品なので、基本的にはそのままでO.K.なのですが、レートが高いスプリングが組まれていたので、元々付いていたショックのスプリングと入れ替えます。

20080916-3.jpg

2つのリヤショックを分解して、スプリングの組み換え作業中です。
ついでに、きれいに掃除しました。

20080916-4.jpg

スプリング組み換え完了~。
2つのショックを分解してて気が付いたのですが、レデューサーのサイズが若干ですが異なっていました。
ショック側のDUブッシュの径が違うためなのですが、「同じWARP純正のリヤショックでも、いろいろあるんだなぁ~」と、この時はあんまり深く気にしてはいなかったのですが、実はコレが致命的な事になろうとは・・・・・。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

スイングアーム取り付け

先日ベアリングを組み付けた、02WARPのリヤスイングアームを、フレームに取り付けます。

20080915-1.jpg

スイングアームとフレームの間にはスペーサーが入ります。
グリスを塗って、ベアリングに貼り付けておきます。

20080915-2.jpg

スペーサーを落とさないように注意して、フレームと穴位置を合わせてフィキシングボルトを挿入し、反対側からナットを挿入し、締め付けます。
フィキシングボルトとナットのベアリングと接するところには、固着防止のために薄くグリスを、ネジ部にはネジロック剤を塗布しました。

取り付けが完了したら、スイングアームを上下に動かしスムーズに動くか、左右に動かしてガタが無いか確認しておきます。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

BB組み付け・・・・・たのはいいけど・・・・・

02WARPの組み立てを始めようかと思います。
まずは、フレームにBB(ボトムブラケット)を組み付けます。

20080914-1.jpg

BBは新品にします。
画像上が、元々組まれていたBBで、CHIN HAUR(台湾のメーカー)製のCH52です。
低価格の完成車によく使われているBBで、あんまり良い物では無いようです。

画像下が今回組み付けるBBで、TRUVATIV製のSquare LEです。
今回、クランクをTRUVATIV製の物を使うので、それに合わせてTRUVATIV製のBBにしました。
スクエアテーパーのBBとクランクは、微妙に相性が有って、メーカーが異なると異音が出たりする事があると聞いたので、メーカーを揃えてみました。

今回用意したTRUVATIVのBBは、68/68E/73共用なのですが、02WARPのBBシェル幅68mmの時に使うスペーサーが同梱されていません。
スペーサー不必要なの?と思ったのですが、説明書には68mmの時はスペーサー必要と書かれています。
でも、説明書の同梱品一覧みたいなのには、スペーサーは含まれていないと書かれていますし、BB本体にも「NO SPACER NEEDED(スペーサー不要)」と書かれてたりとよく分かりません。

元々組まれていた、CHIN HAURのBBと比べても寸法同じなので、とりあえず組んでみる事に。

20080914-2.jpg

BBシェルの右側に、BB本体を取り付けます。BB本体・ネジ部にグリスを塗布してねじ込んでいきます。右側は左ネジなので通常のネジと逆方向なので、注意が必要です。

20080914-3.jpg

手で奥までねじ込んだら、専用工具を使って締め付けます。
おっと、右側を本締めする前に、左側のアダプターを仮付けしておいた方がいいと思います。
画像をよく見ると分かりますが、私は左側のアダプターを仮付けするのを忘れて右側を本締めしてしまい、やり直しました。

20080914-4.jpg

右側を本締めしたら、今度は左側を本締めします。左側は正ネジです。

で、左側を本締めしても、画像のようにBBシェルの端面から左側のアダプターが、数ミリ出ています。
隣に置いてある08WARPを見ても、1mm位しか出ていません。
ただ02WARP全バラ前の画像を見ても、同じように数ミリ出ているので、このフレームだとこんなものなのか?と思ったのですが、いまいち納得行きません。

で、いろいろ考えてて気が付いたのですが、元々付いていたCHIN HAURのBBは新車時からの物だと思われますが、02WARP DS-1ってチェーンデバイスが付いているから、BBもEタイプなんですよね。
私の手元に来た時には、チェーンデバイスは取り外され3S化されていたのですが、BBは交換せずにそのままで、スペーサーも追加していなかった様です。

今回取り付けたTRUVATIVのBBも、Eタイプとして使う時はスペーサー不要と説明書に書かれています。
元々組んであったBBと同じ寸法でスペーサーが組まれていなかったので、スペーサー不要かと思ったのですが、やっぱりスペーサーが必要なんですね。

まぁ、前オーナーはスペーサー無しの状態で問題無く(?)乗っていたのでしょうから、無くても乗れない事は無いのかも知れませんが、きちんと組みたいので、スペーサーかシェル幅68mm専用のBBを用意する必要がありますね。

つか、スペーサー要るのなら、同梱しておいてくれよ~。
あと、BB本体に「スペーサー不要」とか書くなよ~w

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

タイヤ発注

02WARPのタイヤを発注しました。
純正と同じ、KENDAのKOLOSSAL 24×2.6です。

国内外のいろんなショップの通販サイトを探しましたが、さすがに現在は販売されていないタイヤだけあって、全然見つかりません。

で、唯一オンラインショップに掲載していた、フランスのショップに発注してみました。
フランスのショップなので、サイトの表記も当然フランス語。
英語も得意ではないものの、今まで何度も海外通販は利用しているので、書いてある事もある程度は分かりますが、フランスのショップを利用するのは初めてなので、書いてある事が理解し難く、発注を決断するまでに少々時間が掛かりました。

まぁ、掲載されていても実際には在庫無しって事はよくある事なので、あんまり期待はしていないのですが、大抵のショップは発注すると自動返信(?)で、受注確認メールみたいなのが来るのですが、このショップからは、3日ほど経っても届きません。

どうなる事やら。

これでダメなら、国内のショップで別のタイヤ買います。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

ステム交換

私は、小柄な体型のため、08WARPのハンドルが少し遠く感じます。
もう少しハンドルが手前の方が、コントロールし易いかな?と思います。
そこで、ステムを短い物に替えて、ハンドルを手前に持ってくる事にしました。

20080912-1.jpg

これは、元々08WARPに付いていた純正ステムです。
長さ90mmです。

20080912-2.jpg

交換作業は省略して、こちらは交換後のステムです。
TITECのBig-ALで、長さは60mmです。

実はコレ、02WARPに付いているものと同じステムです。
02WARPのパーツを探していて見つけたもので、在庫処分で安くなっていたので、02WARPのパーツと一緒に買っちゃいました。
02WARPのステムはボルトが錆びているので、08WARPに組んで気に入らなければ、02WARPに組めばいいし、なにより安いし(アメリカのショップから購入しましたが、日本円で約1,500円でした)みたいな、軽い気持ちで購入したので、このステムを選んだ深い理由は有りませんw

溶接で組まれているので、一体構造のものと比べ、強度や剛性面では若干劣るのかもしれませんが、ハンドルバーも今より少し幅広の物に替えたいと思っているので、ダメならその時にまた替えればいいですし。

組んでみて、少しだけ試乗しましたが、ハンドルが30mm手前に来たので、余裕が出来て乗りやすくなったと思います。下りで腰を引いた状態でも、コントロールしやすくなるのではないかと、期待しています。

ハンドルの高さが少し低くなった(ステムの角度は同じですが、短くなった分低くなります。また、コラムが厚くなったので、10mmのコラムスペーサーを1枚抜きましたので、これもハンドル高さに少し影響しているかも)のはどう影響するかわかりませんが。

え?、02WARPと同じステムなら、02WARPのを借りて試せばいいのにって?
いや、返すのイヤになったら困るでしょw
02WARPのパーツと一緒に買ったから、送料掛からなかったしw

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

フォークオイル交換

02WARPのフロントフォークですが、オイル漏れも無く、特に問題は無さそうなので、今回はオイル交換のみで使う事にします。

20080911-1.jpg

コラム部をクランプして、ワークスタンドに取り付けて作業します。
物置ですので、後ろが散らかってまして、スミマセン。

20080911-2.jpg

プリロードアジャスターを一杯まで戻し、21mmのソケットを使用しキャップを緩めて取り外し、中からワッシャーとスプリングを取り出します。

20080911-3.jpg

スプリングを取り出したら、ワークスタンドからフォークを取り外し、逆さにしてオイルを抜きます。
何度かストロークさせて、中のオイルを可能な限り抜きます。

抜いたオイルですが、少し茶色くなっているものの、予想していたより汚れてはいなかったです。
恐らく、新車から一度も交換していないでしょうから、もっと真っ黒かと思っていたのですが。
水の混入もなく、状態は良さそうです。

20080911-4.jpg

新しく入れるオイルは、マルゾッキ純正フォークオイルを使います。

20080911-5.jpg

フォークオイルを入れます。このフォークのオイル規定量は、片側90c.c.です。
オイルを入れたら、何度かストロークさせ、エアを抜いて油面を安定させます。

油面が安定したら、油面を測定し、規定値に合わせます。
このフォークの油面高さは、60mmです。
中に入っているオイルは完全に抜けないので、規定量のオイルを入れると、油面が規定値より高くなっていると思います。
フルボトムさせた状態で、スケールで油面を測ります。

20080911-6.jpg

今回の場合は、70mmの所までスケールを入れて、

20080911-7.jpg

抜いて10mmの所までオイルが付いていれば、油面高さは60mmという事になります。
もちろん、一発で決まったわけではないです。少し抜いては測ってを2~3回繰り返しました。

油面高さが出ましたら、フォークを一杯まで伸ばし、スプリングとワッシャーを入れて、キャップを締めればオイル交換完了です。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

ピボットベアリング

リヤスイングアームのピボットベアリングを交換します。
ベアリングは先日抜き取りましたので、今回は組み付けを行います。

20080910-1.jpg

左が、元々組んであったベアリングです。
6903-2RSで、NBK製(中国製のようです)です。
右が、新しく組むベアリングです。
同じ6903-2RSですが、こちらはKSK(仲井軸受製作所)製で、日本製です。
ステンレス製のベアリングで、錆に強いのでMTBには最適だと思います。

6903であれば、メーカーが異なってもサイズは同じですので、使用可能です。
シール性を向上させた物とかいくつか種類がありますので、好みに合わせて選択できます。

20080910-2.jpg

ベアリングに適当なサイズのソケットを当てて、Cクランプで挟んで圧入します。
当初は、ガレージに有るテーブルバイス(万力)か油圧プレスで圧入するつもりだったのですが、ピボット部の幅が狭く、うまく裏側に当て物が入らないので、Cクランプで作業しました。
斜めにならないよう、注意しながら少しづつ圧入していきます。

20080910-3.jpg

左右同じ作業を行い、組み付け完了です。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

タッチアップの続き

先日、プラサフで下塗りをした、02WARPのフレーム&スイングアームのタッチアップの続きです。

20080909-1.jpg

プラサフ同様、面相筆で艶消しブラックを塗っていきます。

20080909-2.jpg

タッチアップ完了。遠目にはきれいになりました。
筆塗りなので、当然近付いて見ればタッチアップした箇所はバレバレです。
きれいに補修するなら、パテで段差を埋めて、エアブラシで吹付け塗装するか、思い切って剥離して全塗装するしかないですが、今回はそこまではしません。

サンドブラストの設備持っているので、剥離して全塗装も考えたのですが、giantとかDS-1のロゴマークを作成しないといけないので、今回は見送りました。

さて、パーツも揃ってきた事ですし、そろそろ組み立てに入りましょうかね。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

シートチューブ

02WARPを全バラする時に、シートポストが固くて抜けてこなくて、少々苦労しました。
錆び付いて固着しているのかと思い、注油して何とか抜く事がきたのですが、抜いたシートポストを見ても、グリスは塗って有りませんでしたが、特に錆びている様子はありません。

20080908-1.jpg

よく見ると、シートポストを切断してあったのですが、パイプカッターを使って切断したようで、切断部が膨らんでいました。
パイプカッターで切断した場合、切断部が少し膨れるので、ヤスリ等で削る必要があるのですが、削らずにそのままシートチューブに入れたみたいです。

そのため、シートチューブの内側に傷が出来てしまっていて、シートポストの膨れた部分を削っても、スムーズに出し入れできません。

20080908-2.jpg

傷だけでなく、溶接ビードも若干シートチューブ内側に出てしまっているので、リューターにフラップホイールを付けて、研磨する事にしました。

本来ならば、シートチューブリーマーを通す方がいいのでしょうけど、コレだけのためにシートチューブリーマー買うのも何ですし、手持ちのモノで対処する事にしました。

20080908-3.jpg

もちろん削りすぎは禁物ですので、出っ張っている部分だけを必要最低限だけ慎重に研磨しました。

研磨後は、シートポストをスムーズに出し入れする事が出来るようになりまして、満足の行く仕上がりになりました。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

タッチアップ

02WARPのフレームとスイングアームに何箇所か傷が有るので、タッチアップしておきます。

20080907-1.jpg

使用した塗料は、自動車の補修用に市販されているタッチアップペイントです。
下塗り用のプラサフと、上塗り用の艶消しブラックを購入しました。

20080907-2.jpg

タッチアップする箇所を、しっかりと脱脂し(塗装用のシリコンオフを使用しました)、筆でプラサフを塗っていきます。
タッチアップペイントにはキャップ部分に筆が付いていますが、細かな箇所には塗り難いので、別途筆を用意しました。
今回使用したのは、模型塗装用の面相筆です。塗料も、容器から直接ではなく、小皿に出して塗った方が塗り易いと思います。

プラサフを塗らずに、直接上塗り色を塗っても問題無いと思いますが、アルミは鉄等に比べて塗料の密着が悪いので、今回は一手間増えますが、プラサフで下塗りする事にしました。

プラサフを1日乾燥させたら、上塗りの艶消しブラックを塗ります。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

新たなる誘惑

今日、用があって知人のお店(自転車関係では無いです)に顔を出したところ、その知人が所有するMTBを買わないか?と話がありました。

車種等詳しくは書きませんが、下り系のMTBで、新車価格は08WARPの3倍程するものです。
年式的には3年落ち(つまり2005年モデル)ですが、知人が今年初めに新車で購入し、街乗りのみ(雨天未使用)で山には行っていないので、程度は極上です。

ちょこっと試乗させてもらいましたが、08WARPより価格が高いだけあって、いいですね。山に持って行ったら楽しそう~。

02WARP購入前なら、即決していたかもしれませんが、現在02WARPのレストア中なので、どうするか悩んでいます。

最近、悩んでばっかり(楽しい悩みですけど)ですねw。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

タイヤどうしようか

02WARPのパーツの中で、まだ決まっていない物があります。
それは、タイヤです。ヒビ割れ&磨耗しているので、要交換なのです。

20080904-1.jpg

02WARPの純正タイヤは、KENDAのKOLOSSALで、サイズは24×2.6です。

現在は、販売されていないタイヤですので、他のタイヤをと考えているのですが、24インチのため選択肢が少ないです。

20080904-2.jpg

純正と同じKENDAですと、NEVEGAL(画像右)かBLUE GROOVE(画像左)のどちらかですね。
サイズはどちらも、24×2.5です。純正よりワンサイズ細くなります。

NEVEGALは、08WARPで使っているので、02WARPに使うならBLUE GROOVEですかね。

20080904-3.jpg

他メーカーですと、MAXXISのHIGHROLLERがあります。サイズは24×2.7ですので、純正よりワンサイズ太くなります。

ちなみに、HIGHROLLERは、2003~2004年のWARP DS1に純正タイヤとして採用されていました。

もっと探せば他にもあるかもしれませんが、入手の容易な物ですと、このあたりのタイヤになりますね。

さて、どれにするか迷うところです。
先程も書きましたが、NEVEGALは08WARPで使っているので、BLUE GROOVEかHIGHROLLERのどちらかにしようかと思うのですが、太さが異なる事もあって、決めかねています。

ノーマルより細くなるのもいまいちですが、2.7は太過ぎかな?とか、しょーもないところで悩んでいます。

それと、KOLOSSALの24×2.6が海外ショップの通販サイトに掲載されているのを見つけてしまったのも、決めかねている要因の一つです。
まぁ、掲載されていても、在庫切れの可能性も有るので、発注してみないと手に入るかどうか分からないのですが、フランスのショップなのでサイトも当然フランス語で書かれており、いまいちよく分からないので発注する踏ん切りが付きませんw

まぁ、タイヤは最後の方でもいいので、もう少し悩むことにします。
こうやって、悩んでいるのも結構楽しいものです。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

揃ってきました

02WARP用に集めているパーツ類が、だいぶ揃ってきました。

20080903-1.jpg

シフター、Fディレーラー、チェーン、フォークオイル、ピボットベアリング、クランク&チェーンリングです。
この他にも、発注済ですがまだ手元に届いていない物とか、撮影する時に並べ忘れた物ががいくつかあります。

個々のパーツについては、それぞれのパーツを組み付けていく時に詳しく説明します。

先日、ノーマルパーツで探している物をここに書きましたが、リヤショックはまだ手元に届いてはいませんが、入手する事ができました。

まだ、入手の目処が立っていないのが、チェーンデバイスです。

20080903-2.jpg

このパーツですが、GIANTのスペック表ではTRUVATIVチェーンガードとしか書かれていませんが、調べていくうちに、TRUVATIVのHussefelt Chain Guideである事がわかりました。

インターネットで海外のショップサイトをあちこち探して、いくつか掲載されているのを見つけたのですが、実際に発注してみると在庫は既に無くなっていたりして、今のところ入手の目処は立っていません。

まぁ、フロントは3Sにした方が、H山の上りで苦労しなくて(つーか、フロントシングルで42Tとかだと、絶対上れないw)済むのですが、08WARPでも下りでチェーンがガチャガチャいってるので、一度チェーンデバイスを試してみたいんですよね。

気長に探す事にします。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

スイングアーム

02WARPのスイングアームです。

20080902-1.jpg

チェーンステーに、theのプロテクターが貼られているので、剥がします。
剥がすのに苦労するかと思っていたのですが、思ったより簡単に剥がれました。糊残りもありませんでした。

余談ですけど、「the」って「ティーエッチイー」って読むんですね。
08WARP買って間もない頃は、「ザ」かと思ってましたw

20080902-2.jpg

右側は、プロテクターが貼ってあったからか、傷は有りませんでしたが、左側には結構傷があります。
内側に多く傷が付いているので、ホイール脱着時に付いたんですかね?
傷は、後でタッチアップする予定です。

20080902-3.jpg

ピボットのベアリングは交換するので、プーラーを使って抜き取っておきます。

続きは、また後日。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

リヤブレーキパッド点検

08WARPのリヤブレーキローターに、目立つ線傷が一本入っているのを発見。
ブレーキパッドに異物が噛み込んでいると思われるので、外して点検しました。

20080901-1.jpg

パッドを取り外して見てみると、予想通り小さな金属片?がパッドの表面に喰い込んでいました。
千枚通しでほじくって、異物を除去し、中性洗剤でパッドを洗浄して組み直して完了です。

フロントがギーギーと鳴くので、今度はフロントを点検しないと。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用


プロフィール

mizuki

Author:mizuki
いじるのも乗るのも大好きな私の、自転車趣味の泥沼にどっぷりはまった日々のブログです。

FC2カウンター
ショッピング




為替レート
天気予報
最近のトラックバック
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
ブロとも一覧
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。