自転車泥沼生活

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらば02WARP

実は、02WARPを売りに出していました。

昨年夏に手に入れて、昨年末まで掛けてレストアしたのは、当ブログに書きましたので皆様ご存知だとは思いますが、今年1月に2回H山に行ってからは、08WARPのフロントサスを替えたり、02ACに乗り換えたりした事もあって、02WARPにはほとんど乗っていませんでした。

せっかくレストアしたのに、このまま乗らないでいるのももったいないのと、02ACidのパーツ代を捻出するために、ネットオークションに出品しました。

で、めでたく落札されましたので、次のオーナーのところに嫁いでいく事になりました。

20090423-1.jpg

フロントホイール、ペダル、サドル、ハンドルバーを取り外し、箱に入れて送ります。

20090423-2.jpg

こんな感じで、旅立って行きました。
ちなみの、この箱はショップで貰ってきました。偶然ですが、GIANTの箱でした。

この02WARPを手に入れてレストアした事で、私の自転車いじりのスキルはかなりアップしましたし、山に行ってロングトラベルのフロントサスでの下りの乗り易さが分かって、08WARPのフロントサス交換に繋がりましたし、純正と同じパーツをあちこち探していて海外のショップをいろいろ見つけて、その後の海外通販でのパーツ調達に繋がったりと、いろいろといい経験ができました。

02WARPを売却した事で資金も調達できましたので、02ACidの組立作業を進めていきます。




あれ?




20090423-3.jpg

何だこれは?w

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

スポンサーサイト

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

黒は汚れが目立つ

今日は、02WARPのメンテナンス(というか掃除)をしました。

20090410-1.jpg

1月にH山を走ったままで、掃除していなかったので、ある程度バラして掃除しました。
H山を2回走っただけですが、砂粒やゴミが付着して、結構汚れていました。

02ACもそうですが、フレームが黒色なので、汚れ(埃の付着)が目立ちますね。
あと、素手で触ると指紋というか手の脂が付いて、これまた汚らしくなります。

それと、フレームカラーとは関係無いですが、チェーンやスプロケットにゴミや砂粒がたくさん付きますね。
ウエット系のチェーンルブを使っているから仕方ないのですが、基本的に雨の日には走らないので、ドライ系のルブを試してみようかとも思っていますが、ドライ系もチェーンルブ自体が固まったような感じの汚れというか付着物ができるようで、それがなかなか落ちないと聞いた事があって、少し躊躇しています。

ドライ系のチェーンルブを使った事のある方いましたら、感想など聞かせてください。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

明日の準備

明日は、02WARPでH山に行く予定です。
02WARPのH山デビューと、今年の初H山走りです。

今日は、明日に備えて02WARPのメンテナンスをしました。
メンテナンスとは言っても、組み上げてからまだ30km弱しか走っていないので、各部の清掃・点検と微調整だけですが。

まずは清掃からですが、黒いフレームは渋くてカッコイイと思いますが、砂埃での汚れが目立ちますね。

20090110-1.jpg

走っていて特に不具合は感じないので、各部のネジの緩みが無いか確認して、ブレーキレバーの角度の微調整(少し上に向けました)をして完了です。

後は、明日持って行く荷物をまとめて、早めに寝ます。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

サグ調整

02WARPのサスペンションのサグ調整を行いました。

*サグとは、空車時と乗車時のサスペンションの沈み込み量の差です。

サグ調整の前にちょこっと準備を。

20081222-1.jpg

フロントは、インナーチューブにインシュロックを取り付けて、ダストシールに当たるところまで下げておきます。

20081222-2.jpg

リヤは、画像ではちょっと分かりにくいですが、バンプラバーをダンパーボディに当たる所までズラしておきます。
リバウンド調節は、最弱にしておきます。

一人で作業しているので画像は有りませんが、山に行く時と同じ装備(荷物を入れたバックパックを背負い、ヘルメットを被って)で、02WARPに跨って余計な力を掛けないようにして乗車姿勢を取ります。
降りる時も、これまた余計な力を掛けないようにそ~っと降ります。

後は、前後のサスペンションのサグを測ります。

20081222-3.jpg

フロントはこんな感じです。ダストシールとインシュロック間を測ったら、14mmでした。
昨日調べた数値が、トラベル量(130mm)の10~20%(13~26mm)ですので、このままのプリロード設定でO.K.です。
ちなみに、ほとんどプリロード掛けてないので、これ以上沈む設定には出来ません。
もう少し沈んでもいいかなとも思いますが、柔らかいスプリングに交換する必要が有りますので、とりあえずはこのままで行きます。

20081222-4.jpg

続いてリヤですが、作業前にユニットのトラベル量を測ったら、40mmでした。
マニュアルに記載されている数値は、トラベル量の25~30%ですので、サグが10~12mmになるように調整します。

リヤもフロントと同様、ほとんどプリロードを掛けていない状態なのですが、この状態でのサグは14mmでした。
少し沈み過ぎなので、コンプレッションリングを2回転締め込んでプリロードを上げて、再度サグを測定したところ10mmになりまして、バッチリ決まりました。

これでサグ調整は完了です。
後は、山を走りながらリヤのリバウンド調整をします。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用

サグ調整しようと思ったけど

02WARPの、サスペンションのサグ調整をしようとしたのですが、どれくらいの数値に合わせれば良いのかなぁ?と思いました。

中古車ですので、説明書も有りませんし(新車の時にもサスペンションの説明書付いていたのかどうか分かりませんが)、使用しているユニットによって違うようですので、ネットでいろいろと調べてみました。

まずフロントですが、使用しているサスペンションフォークは、2002年モデルのMarzocchi Z1 Wedgeですので、Marzocchiの日本語サイトに行ってみましたが、TECHNICAL AREAは準備中みたいで何もありませんでした。

仕方ないので、英語サイトでいろいろ探して見つけた2002年モデルのオーナーズマニュアルに記載がありました。

20081221-1.jpg

XCならばトラベル量の10~20%、DHならば20~30%との事。
私の場合はトレイルでの使用ですのでXCの方でいいのかな?
トラベルは130mmなので、1G´で13~26mm沈むようにプリロードを調整すればいい事になります。

続いてリヤですが、こちらは海外の個人サイトにGIANTのマニュアルが置いてあるところを見つけまして、そこで探しました。
ただ、02モデルのWARPの物は無かったので、01モデルと04モデルの物を見たところ、どちらもサグ調整に関しての記述は同じでしたので、02モデルも同じで大丈夫と判断しました。

20081221-2.jpg

こちらは、ユニットのストローク量の25~30%との事。
ユニットのストローク量を測ってないので、具体的な数値は書けませんが、サグ調整作業前に測る事にします。

これで、準備は整いましたので、明日にでもサグ調整します。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
↑ブログランキング参加中。クリックお願いします。

テーマ : 自転車    ジャンル : 趣味・実用


プロフィール

mizuki

Author:mizuki
いじるのも乗るのも大好きな私の、自転車趣味の泥沼にどっぷりはまった日々のブログです。

FC2カウンター
ショッピング




為替レート
天気予報
最近のトラックバック
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
ブロとも一覧
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。